So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

体育館の殺人 [青崎有吾]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

風ヶ丘高校の旧体育館で、放課後、放送部の少年が刺殺された。
密室状態の体育館にいた唯一の人物、女子卓球部部長の犯行だと警察は決めてかかる。
卓球部員・柚乃は、部長を救うために、学内一の天才と呼ばれている裏染天馬に真相の解明を頼んだ。
アニメオタクの駄目人間に―。
“平成のエラリー・クイーン”が、大幅改稿で読者に贈る、第22回鮎川哲也賞受賞作。待望の文庫化。

作者の青崎有吾さん、ものすごく若くてびっくりしました。
エラリー・クイーンで思い出すのは、国名シリーズの有栖川さんや法月さんですが、
それに続く作家さんになりますねえ。
ただこれは宣伝用の謳い文句だろうから、あまりそこに惹かれるのは良くない事ですけど。

また他ブログの方々の記事を拝見していてなるほどと思ったのですが、
確かにこのタイトルには「館」がはいっているなあと。
そういう意味では綾辻さんの館シリーズにも通じる所はありますね。

物語は非常にオーソドックス、起承転結、そして今のミステリにはあまりみられない
読者への挑戦も挿入してあります。

探偵役・裏染天馬は、アニメオタクで(物語内も随所にネタが散りばめられています)
なぜか学校に住んでいる、駄目人間という設定。変人タイプでしょうか。

彼の大きな推理としては、前半の卓球部部長佐川奈緒への容疑を晴らす謎解き、
そしてまさに真犯人を指摘する謎解きの2つ。
個人的には前半の方が好きです。極めて論理的、理詰めの謎解きです。

後半の犯人当てについては、メイントリックである密室からの脱出が
果たしてうまくいくのかどうかがやや疑問。
ただ体育館に置かれた傘やデッキのリモコンなどの推理は、
(前者はやや荒い点もありますが)、読んでいて「あっ!」と思わせる見事な推理でした。

物語は彼とワトソン役(違うかも?)・向坂香織、
そして依頼人の袴田柚乃、そして警察による捜査と推理で大半が進みます。
学校を舞台としながらも、この辺りも全く教師なども介入せず、
平然と警察と交渉したりしますし、やや違和感がありました。

ただ物語は全体としては中だるみも個人的にはなく、起承転結で
極めて真っ向勝負の本格ミステリで楽しめました。
次作もまた「館」のようですので、文庫化が楽しみです。



体育館の殺人 (創元推理文庫)

体育館の殺人 (創元推理文庫)




体育館の殺人 (創元推理文庫)

体育館の殺人 (創元推理文庫)

  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2015/03/13
  • メディア: Kindle版



nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 3

コースケ

31様、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2015-03-29 20:25) 

コースケ

makimakiさま、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2015-03-29 20:26) 

コースケ

mojoさま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2015-04-02 22:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0