So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

百年目の同窓会-第九号棟の仲間たち- [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

だだっ広いお屋敷を相続した二十歳の鈴本芳子。
彼女は豪邸以外に病院の第九号棟でも暮らしている。
そこには相棒のホームズ、ダルタニアンたちがいて、芳子は彼らと「探偵業」を開いているのだ。
「身元不明の女性、日本人なのに外国人名を名乗る」奇妙な事件が三件立て続けに発生。
ホームズは、百年程前のロンドンで起きた「切り裂きジャック」の
被害者女性の名前と一致していることに気づく!

本書の帯で第九号棟シリーズが隔月で復刊されることが
書いてあり、いやあ、うれしい。楽しみで仕方ない。

まず驚いたのがなんと本書は長編だったこと。
いや、そんなに驚くことではないかもしれませんが、短編のイメージが
ありましたので・・・
しかしこのタイトルは秀逸。

突如「切り裂きジャック」の被害者の名前を名乗る女性たち。
彼女たちに何か繋がりがあるのか?
そしてホームズ氏のいうように、「ジャック」が復活したのか。

このあまりにも不可思議な謎がとても魅力的で、
どんどん引き込まれていきました。

また本書では第九号棟からルパンやロビン・フッドも登場。
ルパンがホームズに「僕と君は敵同士じゃないか」という台詞は
いやあ、ツボをおさえていますなあ(笑

次作ではどんな新たな仲間たちが登場するかも楽しみです。





第九号棟の仲間たち2 百年目の同窓会 〈新装版〉 (徳間文庫)

第九号棟の仲間たち2 百年目の同窓会 〈新装版〉 (徳間文庫)

  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2016/11/02
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 2

コースケ

ネオ・アッキー様、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2016-11-27 18:40) 

コースケ

とも~る様、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2016-11-28 21:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0