So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
島田荘司 ブログトップ

御手洗潔と進々堂珈琲 [島田荘司]

新潮文庫nexという新レーベルで二冊同時刊行された
御手洗潔シリーズの1編。
「ロシア幽霊軍艦事件」は角川文庫版を購入しよう(?)と
考えており、本巻のみ購入。

まずはAmazonさんの紹介ページから。

京都の喫茶店「進々堂」で若き御手洗潔が語る物語(ミステリー)。進々堂。
京都大学の裏に佇む老舗珈琲店に、世界一周の旅を終えた若き御手洗潔は、日々顔を出していた。
彼の話を聞くため、予備校生のサトルは足繁く店に通う――。
西域と京都を結ぶ幻の桜。戦禍の空に消えた殺意。チンザノ・コークハイに秘められた記憶。
名探偵となる前夜、京大生時代の御手洗が語る悲哀と郷愁に満ちた四つの物語。
『進々堂世界一周 追憶のカシュガル』改題。

カテゴリーをミステリとしていますが、ミステリではありません。
御手洗潔が放浪してきた中で体験した話を集めた短編集です。

オススメは「追憶のカシュガル」。
老人がなぜカシュガルで他の皆から避けられ、疎まれているのか、
植民地化時代の老人からの話と最期にそれが明かされます。

ところで石岡さんポジションである浪人生のサトルは
この後どうなるんでしょうかねえ?他作品でも出てくるのかな。

初期御手洗が変人で描かれ、その後超人として変容していきましたが、
本作御手洗は名探偵になる前ですが、まあやはりどこか人生というか、
世界というか色々と超越している雰囲気を出しています。
ただ知識はまだあまりないようで(苦笑

御手洗潔シリーズがフジテレビで映像化されましたが、
あれはちょっと驚きましたね。

かつて島田荘司先生は、どの小説か失念しましたが、
あとがきにおいて「御手洗潔の映像化は断っている」という事を書いていたので。
Twitterでもドラマをチェックしており、次も同様キャストで御願いしたいとか。
島田御大も当時とは気持ちが変わったのでしょうねえ。



御手洗潔と進々堂珈琲 (新潮文庫nex)

御手洗潔と進々堂珈琲 (新潮文庫nex)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/01/28
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

改訂完全版 占星術殺人事件 [島田荘司]

「東西ミステリーベスト100」堂々の第3位。
新本格ミステリの金字塔にして、名探偵御手洗潔を
生み出したデビュー作でもあります。

「斜め屋敷の犯罪」はかなり昔に読みましたが、
本書は改訂完全版が出たのを気に改めて再読。

改めて御手洗&石岡コンビの面白さと
この驚天動地とも言うべきトリックの見事さに驚きました。
アゾート、星座、そして占星術師と色々な仕掛けが描かれますが、
そこが物語の核心でもあり、トリックでもあるのです。

何度読んでもその感動は変わりません。
日本ミステリ界に燦然と輝く作品です。


占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)

占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/08/09
  • メディア: 文庫



nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

写楽 閉じた国の幻 [島田荘司]

久々の御大のミステリーです。
写楽という、極めて謎に包まれた人物に焦点をあてる歴史ミステリー。

写楽は誰なのか、という視点だけでなく、
蔦屋はなぜ写楽を世に出そうとしたのか?という視点から
考えていくというのはとてもおもしろかったです。
御大の膨大な調査と取材、そして発想があったからこそ、
これほどまでの壮大な世界が描けたのは間違いありません。

ただ、続編が出て然るべきという思いが強いですかねえ。
主人公の悲劇や家族はこの後どうなったのか?
協力者となった片桐教授、彼女はとても謎めいていて、
彼女が協力するのはなぜなのか?そのバックボーンに何かあるのか?

御大もあとがきで書かれているのであえて書くまでもないのですが、
現代編の物語は未完だよなあ。
ぜひ続編を御願いします!



写楽 閉じた国の幻(上) (新潮文庫)

写楽 閉じた国の幻(上) (新潮文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/01/28
  • メディア: 文庫



写楽 閉じた国の幻(下) (新潮文庫)

写楽 閉じた国の幻(下) (新潮文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/01/28
  • メディア: 文庫



nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

透明人間の納屋 [島田荘司]

かつて子どもだったあなたと少年少女のために創刊された
ミステリーランドで刊行された一冊。

まずは講談社のページから内容紹介を。
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2705613
透明人間はこの世に存在する。人間を透明にする薬もある。
見えないから誰も気がつかないだけなんだ、この町にだっているよ。……
学校、友人、母親、すべてに違和感をもって生きる孤独な少年、
ヨウイチがただひとり心を開き信じ尊敬する真鍋さんの言葉だ。
でもどうしてそんな秘密を知っているのだろうという疑問がぬぐいきれないでいるところに、
不可解な誘拐事件が発生した。密室から女性が蒸発したかのように消失したのだ。
透明人間による犯行だと考えると謎は氷解するのだが。

少年ヨウイチが体験する摩訶不思議な事件。
真鍋さんから教えてもらった人を透明人間の薬を作る機械、
真鍋さんの言う理想の国。
そして起こる奇怪な殺人事件。
どの謎も解けずに、少年ヨウイチは大人になる。
そんな中、あるニュースで取り上げられていた人物が
ヨウイチの所に面会に来て・・・

ミステリーランドの刊行ですが、
謎解き部分というか、真鍋さんや薬を作る機械、
殺された真由美や赤座、そして理想の国。
これらの謎が一気に解明された時は驚天動地の驚きでしたね(大げさか)
あまり書くとネタバレになりますから、書きませんが、
ミステリーランドの刊行とは思えない重厚なものを感じました。

少年ヨウイチに真鍋さんが語っていた宇宙人や透明人間の話が
最後にある意味を持つ事に繋がるのも良かったです。

刊行が2003年、もうそんなに時が経ったのですね・・・


透明人間の納屋 (講談社文庫)

透明人間の納屋 (講談社文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/08/10
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

最後のディナー [島田荘司]

本作はすでに御手洗は日本に居らず、
石岡さんの日々の苦悩が描かれます。

そんな苦悩を和らげてくれるのが
「龍臥亭事件」で登場した犬坊里美の再登場。
本作は里美に良い意味で振り回される石岡さんが
見物です。

表題作も「大根奇聞」も御手洗は見事にその謎を解きますが、
両作とも、自然のなせる技あるいは奇跡みたいなある種の
「トリック」(いやトリックとは呼べませんけど、あえて)が印象的。

しかし石岡くんの英会話はさすがにもう少し頑張ってほしい(笑



最後のディナー (文春文庫)

最後のディナー (文春文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/01/04
  • メディア: 文庫



最後のディナー (角川文庫)

最後のディナー (角川文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 文庫



nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

リベルタスの寓話 [島田荘司]

「やっぱり、御手洗!」
素晴らしい帯だ、と思いました(笑

さて本作には中編2編が収録。
しかも表題作は、その間に「クロアチア人の手」を挟んでの、
前編・後編という配置。
何か意味があるのか?と思いますよねえ。

2作品に共通するのは<民族紛争>
いや、非常に大きな、そして永遠の克復すべき課題とでも
いえばいいのでしょうか、難しい問題です。

「クロアチア人の手」では石岡氏が活躍。
といっても、相変わらず御手洗に電話で指示を仰いだり、
推理を聞き出す役割ですが(苦笑

「リベルタスの寓話」は
島田御大が「ブリキ人間リベルタスの伝承の物語は創作」とあとがきで
述べていますが、そうは思えない程の出来映え。
そして読者にはこの殺人が<見立て>ではないかと思わせるという
トリックにもなっています。

御大も「あとがき」で述べられていますが、
僕は今回のこの事件最大のテーマは「仮想通貨」かなと。
RMTという方法で仮想通貨を現実の通貨にする。
なんだか今の現状そのまんまですよね・・・

ヤフオクやいろんなオークションを見てみたら
わかるように、本当にゲーム内のアイテムやら
レアものやらがとんでもない高値で取引されてますし・・・
本当にどうしようもないよなあ・・・

あ、話がずれましたが、
御手洗の推理は相も変わらず素晴らしいの一言に尽きる。
なぜ被害者の身体から臓器が抜かれていたのか。
その理由を見事に看破します。

前作「UFO大通り」が日本に居た時の御手洗でしたが、
(僕はこの日本滞在時のお話が一番好きなんですが)
今回もまた楽しめました。


リベルタスの寓話 (講談社文庫)

リベルタスの寓話 (講談社文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/08/12
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

UFO大通り [島田荘司]

おれはこの御手洗&石岡コンビを待っていた!!
横浜時代の御手洗&石岡コンビが活躍するこの頃を。
1981年、そして1993年に起きた奇怪な事件を
名探偵・御手洗潔が鮮やかに看破する。
まさに本格ミステリの金字塔。

表題作「UFO大通り」
鎌倉の自宅で、白いスーツに体をぐるぐる巻き、
ヘルメットとゴム手袋という重装備。
なぜそんな姿で男は死んでいたのか?

そして同じ頃、御手洗潔はこの男の近所に
住むラク婆さんが、家の前にUFOが行き交い、
戦争をしていたという話を聞き及ぶ・・・
ラクお婆さんが見たものとは何なのか?
そして男はなぜ奇妙な姿で亡くなっていたのか?
果たして彼はどう「殺害」されたのか?

もう一編「傘を折る女」
ラジオ番組に投稿された不可思議な話。
それは雨の中、わざわざ横断歩道で傘を
車に折らせる女が居たという奇怪な行為の話だった。
御手洗は、この話だけから、驚くべきストーリーを
石岡に話すのだが・・・

とにかくおもしろかったです。
こうした奇妙な謎の作品、かなり好きです。
とにかく全然想像もつかない、という設定を、
いかに御手洗が解決していくのか、
そこに面白さがあると思います。

また石岡くんを時折馬鹿にしたりと
まさに初期の御手洗&石岡コンビで、
良いですね。

Amazonのレビューでは手厳しいご意見もありますが、
この頃の御手洗を、もっと読みたいと思うのは
僕だけではないと思います。


UFO大通り (講談社文庫)

UFO大通り (講談社文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/10/15
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

摩天楼の怪人 [島田荘司]

ニューヨーク・マンハッタンの高層アパートにて、
死の床にある大女優ジョディ・サリナスは半世紀近く前の殺人を告白した。
しかしそのアリバイは完璧であり、不可能犯罪に思われたのだが・・・・
彼女の言うファントムとは?そしてこの摩天楼で起こった数々の事件の真相とは?
彼女と謎の解明の「賭け」をした若き御手洗潔は、
一連の謎を解くことができるのか?

御手洗21歳の時の活躍を描く本作。
過去と現在を行き来する体裁となっており、
過去の事件は一連の事件を担当した刑事サミュエル・ミューラーの視点で語られます。

はっきり言って僕はこれは一体どう御手洗は合理的説明をつけるのか
ホントに読めば読むほど気になって気になって仕方ありませんでした。

謎のメモ、老刑事からの話・・・これらから組み立てられる御手洗の推理そして
真相は非常に鮮やかです!
ある意味本作は人類の発展の歴史とも関わっていて、
まさに盲点を突かれたトリックだったなと感じました。

今wikiを見たのですが、御手洗は今年で61歳。
う~ん、年をとったなあ・・・
今後もその活躍を期待したいですね。


摩天楼の怪人 (創元推理文庫)

摩天楼の怪人 (創元推理文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2009/05/30
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

漱石と倫敦ミイラ殺人事件 [島田荘司]

島田荘司さんがミステリー文学大賞受賞された記念の出版。総ルビで登場です!
オリジナルは1984年。
実在の人物夏目漱石とあの名探偵シャーロックホームズが出会うという夢の物語です。

事件の怪奇性や不思議さはまさにコナン・ドイルの聖典を読んでいるかのような
感じでした。
その謎解きもまさにホームズそのもの。
ラストはちょっぴり感動させる展開となっていて、これがまたいい。

しかしなんといっても本作の魅力はワトソンの視点と漱石の視点の両者の視点から
描かれたホームズ像のあまりの食い違い!!(笑

自分の推理が外れると拳銃をぶっ放すホームズ。
揉み手やあからさまに変装がばれているホームズ。
推理が悉く外れ、最後は地面に落ちてしまうホームズ・・・
なんて情けないんだ!
漱石視点で描かれるホームズはどうしようもない人物で
なんとモリアーティ教授もワトソンが生み出した架空の人物だと言うのです。
ま、最後地面に落ちて頭を打ったはずみで元に戻るんですがね(笑

一方ワトソン視点では我々の知っているホームズそのものです。
果たしてどちらが正しいのか?これが僕にとっては最大の謎です。
わからん。どう考えてもわからん(笑

ホームズパスティーシュとしても、本格ミステリとしても
充分に楽しめる作品だと思います。
ぜひご一読あれ。


漱石と倫敦ミイラ殺人事件 (光文社文庫)

漱石と倫敦ミイラ殺人事件 (光文社文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/03/12
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

暗闇坂の人喰いの木-80,000hit- [島田荘司]

アクセス数がのびるのはとてもうれしいことです。
本当にありがとうございますm(_ _)m

さて、本作は誰もが知っている御手洗潔シリーズ長編。
これは読んでいてワクワクする反面、どんどん怖くなっていきました(>_<) とにかく凄惨なんですなあ。 日本とスコットランドの事件を結びつける伝奇性、そして猟奇性、さらには奇想天外なトリック・・・ トリックは「斜め屋敷」や「占星術」にひけをとらない出来だと思います。 ただホラーというか、怖いです。うわぁ・・・と思わずイッテシマイマス。 最近は島田さんの著書は読んでないんですよね。 ミステリそのものをあまり読んでない気が・・・orz 夏なのでホラー系のものを読もうかなともちょっと思ったりしています。

暗闇坂の人喰いの木 (講談社文庫)

暗闇坂の人喰いの木 (講談社文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1994/06
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

斜め屋敷の犯罪-60、000hit記念- [島田荘司]

友人に薦められて読んだ一冊。
記憶が定かではないのですが、綾辻行人さんや有栖川さん、二階堂さんなどのほうを先に読んでいて、
島田荘司さんのものは全く未読というミステリ好きとしては問題ありすぎなスタイルでした(汗

あまりに有名なので解説するまでもありませんが、見事なトリック。
そして御手洗の変人ぶり(笑
星影龍三のようなふてぶてしさもあるけれど、彼よりも神秘的な謎に包まれているのが
また魅力でもあります。

「占星術~」もそのトリックはパクられるほど有名で、鮮やかでしたが、僕はこちらの方が
好きです。

ミステリ好きなら必読の一冊ではないでしょうか。

斜め屋敷の犯罪

斜め屋敷の犯罪

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1992/07
  • メディア: 文庫


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

上高地の切り裂きジャック [島田荘司]

御手洗潔シリーズ中編。
先頃主人公に「昇格」した犬坊里美も登場します。

考えても見ると、御手洗ものは久々に読みます。
このブログでも書いてない気が。
「斜め屋敷」「暗闇坂」そして短編「メロディ」「ダンス」「挨拶」
これだけしか実は読んでないのです(ファンの方、すいません)

「上高地」もすでに御手洗は日本にいません。
しかもほとんど登場しない。電話のみ。
しかしさすがは名探偵。与えられた情報のみで
解決してしまいます。

犯人はなぜ臓器を持ち去ったのか?これが大きな謎であり、
事件解明の大きなキーです。
「暗闇坂」もそうでしたが、ちとこれもショッキングな描写もあります。

御手洗はもう日本には帰ってこないんですかねえ・・・

上高地の切り裂きジャック

上高地の切り裂きジャック

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
島田荘司 ブログトップ