So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
泡坂妻夫 ブログトップ

煙の殺意 [泡坂妻夫]

長らく絶版となっていた泡坂先生の短編集が先頃
3版が出され、購入しました。

本書は、どの短編も見事な出来映えで、非常に驚きました。
どれも色々な趣向で楽しませてくれるのはさすが。

解説等でも触れられている本作愁眉と言われる「椛山訪雪図」も
そのラストが鮮やかですが、
僕は敢えて推したいのは「紳士の園」。
亜愛一郎シリーズを思わせる作品で、
多武の山公園に起きた「とある変化」を見逃さず、
とんでもない事が起きると看破した近衛さんには敬意を表したい。
ただし、スワン鍋は非常にマズイ(笑

完璧な犯罪と思われたが、ある「意外」な所からそれが崩壊してしまう
「歯と胴」もオススメです。

東京創元社の本書紹介ページでは、
故北森鴻さんが「これまでもこれからも、僕の短編ミステリの大切なお手本です」と
推薦文を寄せています。
まさにその通りで、その凝った趣向をぜひご堪能ください。


煙の殺意 (創元推理文庫)

煙の殺意 (創元推理文庫)




nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

妖女のねむり [泡坂妻夫]

大学生の柱田真一は、廃品回収のバイト
「樋口一葉」の書と思われる反故紙を手に入れる。

その真偽を確かめるため、彼は諏訪へ旅立つのだが、
そこで不思議な女性、麻芸に出会う。
麻芸は「わたしたちは前世で恋人同士だった。そして
私があなたを殺してしまったのだ」と彼に告白する。
不思議に思いつつも、どこか彼女に既視感を憶えた彼は、
彼女と結ばれる・・・
そして彼らの前世である西原牧湖と平吹貢一郎の足跡を
辿るのだが・・・

本書帯には「幻想的な物語」とあり、
確かに前半部分は輪廻転生や過去世など、
ミステリとは一線を画した話のように思います。

が、しかしです。これこそが奇才・泡坂妻夫が
仕掛けた大胆なトリックに他ならないのです。

彼女がなぜ西原牧湖の記憶を宿しているのか?
柱田真一の既視感の正体とは?
そして「一葉」の反故をめぐる事件と前世の事件との関連性とは?
最後の最後に、全ての伏線が明らかにされるとき、僕は驚愕しました(苦笑

全てを解き明かす名探偵、意外な所で登場しますのでご注意を(笑

ただ、物語全体を通して、「輪廻転生」は一つのテーマです。
このような悲劇を招いたのもこれが原因だったといえるのではないでしょうか。

最後に柱田がみたのは、一体誰だったのか。

亜愛一郎シリーズとはひと味違う、泡坂ミステリを
ぜひご堪能あれ。


妖女のねむり (創元推理文庫)

妖女のねむり (創元推理文庫)




nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

湖底のまつり [泡坂妻夫]

本作は本当に泡坂妻夫が書いたのかと
思うような作品でした。
もちろん良い意味で。

「乱れからくり」や亜愛一郎シリーズとは
全く異質の、そして一線を画した、
フランスミステリ風、とでも言えばいいのでしょうか。
官能的な表現も多くみられ、
その点からも上記作品とは全く異なります。

傷心の旅に出た香島紀子は、山間の村「千字村」
で増水した川に流されてしまう、
しかし居合わせた村の青年、埴田晃二に助けられ、
その夜二人は結ばれる。
翌日晃二の姿は消えていた。
村祭で賑わう神社で、紀子は晃二がひと月前に
殺されたと知らされる。
それでは昨日逢った「晃二」は誰なのか?

第一章だけ読むと、
閉鎖された村による隠蔽、それを紀子が
明らかにしていくのかと勝手に思いましたが、
全く違った(苦笑

章立てが各登場人物の名前を冠している
ところがおもしろい。
この章立てにより、我々は同じ情景を何度も読まされているかの
ような錯覚に囚われるのですが、実は
そこに大きなトリックが隠されています。

ある程度ミステリを読んだ方ならば、
「晃二」の正体は途中でわかるかもしれません。
NやPといったイニシャルも。
(イニシャルが分かると言うよりも、とある女性の日記の
記述からおおよそ検討がつきます。)

しかし、本作ではその謎を明らかにする探偵も、
その描写もありません。
婚約を申し込んだ館崎刑事だって、
わかってないでしょう。

さらに最後の描写、
紀子と「晃二」が再び出会う場面。
二人はどうなったのか。
それは我々の想像に任されているのでしょうか。
もしかしたら、再び同じあやまちが繰り返される
可能性を秘めて、物語は幕を閉じます。

来月は「妖女のねむり」が出るそうで、
また楽しみです。




湖底のまつり (創元推理文庫)

湖底のまつり (創元推理文庫)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

喜劇悲喜劇 [泡坂妻夫]

泡坂妻夫さんが逝去されて早1年です。
こうして氏の作品が復刊されていくことで、
やはり惜しい、という感情に囚われます。
もちろん復刊はうれしいことで、
さすが東京創元社さん、と賞賛モノなのですが。

さて本作はとにかく回文にこだわり、
かつ舞台はマジックショー。
主人公は奇術師というまさに泡坂ワールドの真骨頂。

主人公の奇術師楓七郎は毎日飲んだくれの日常。
そこに舞い込んだのは<右近丸>という船上での
長期にわたるマジックショーへの仕事の依頼。
そして真という美しい助手とともにその船に向かいますが・・・

そこで出くわしたのは回文の名を持つ多くの芸人たち。
そしてその名を持つ人たちが次々と殺害され・・・
しかもそれらの死体を平然と隠しのける座長の床間亭馬琴。
回文殺人、犯人の目的は何なのか?

とにかく回文がハンパじゃない。
単なる名前の回文からローマ字変換回文、
各章のタイトルまでも回文・・・
これを作るのは相当苦労だったと思います。

しかも事件は次々と起こるのに、
楓は酔っぱらってばかり・・・(笑
そう、探偵役は別にいるのです。

そして馬琴からとある衝撃の話を聞いてから、
ようやくこの事件の本質が見えてくることになります。
被害者のつながり、犯人の正体・・・

動機がわかった段階で、ある程度犯人の目星はつきます(笑
が、本作はそうした犯人当てよりも、やっぱり回文に尽きる気がしますねえ。
それと奇抜なトリック
奇術というか思わず「え~そんなこと出来るのか?」と思った
トリックがありました(笑

これからも氏の著作の復刊を願います。



喜劇悲奇劇 (創元推理文庫)

喜劇悲奇劇 (創元推理文庫)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

乱れからくり [泡坂妻夫]

亜愛一郎シリーズで有名な泡坂さんですが、それだけではありません。
日本推理作家協会賞受賞作の本作は作者の持ち味が十分に発揮されています。

女流探偵とその新米助手は玩具会社の部長、馬割朋浩の妻真棹の素行調査を依頼される。
しかし馬割夫妻が海外へ向かう途中、隕石に当たり朋浩は命を落としてしまう。

その後、彼ら一族が暮らす「ねじ屋敷」で次々に殺人事件が発生。
奇妙なからくり屋敷と巨大迷路。そしてからくり人形・・・
一体、誰が犯人なのか?

個人的にはこの作品の主人公である新米助手の勝くんがイイですねえ。
感情で行動するこの大胆さ。見習いたい(笑

クライマックスは意外や意外、な展開です。
亜愛一郎だけしか読まれてない方はぜひ。

乱れからくり (創元推理文庫)

乱れからくり (創元推理文庫)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

亜愛一郎シリーズ [泡坂妻夫]

これは必読であると思われる三部作。
キャラは後の水乃サトルや浅見光彦につながるような、二枚目だけど、三枚目。
もっともっと読みたいのに残念ながら、完結してます。
先祖が活躍する亜智一郎シリーズはありますけどね。

私のお薦めは「DL2号機事件」「ホロボの神」「病人に刃物」「歯痛の思い出」
一応三冊ある中すべてから選びました。
どれも秀作であると思います。短編集なので、長編は、という方でも
楽しめます。

創元推理文庫から復刊し、どれも手に入ります。おすすめです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
泡坂妻夫 ブログトップ