So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
森博嗣 ブログトップ

そして二人だけになった [森博嗣]

読み始める作家さんもいれば、
読まなくなった作家さんもいるわけで。

森博嗣さんはS&Mシリーズ、Vシリーズと
読んできたのですが、いつのまにか読まなくなってました。
ファンの方には申し訳ないです。

で、シリーズを読んでいる時に、
ノンシリーズも読んだりしてました。
これはその内の一冊。

タイトルからわかるように、
クリスティのアレを意識してます。
以下はAmazonさんの紹介ページから。

全長4000メートルの海峡大橋を支える巨大なコンクリート塊。
その内部に造られた「バルブ」と呼ばれる閉鎖空間に、
科学者、医師、建築家など6名が集まった。
プログラムの異常により、
海水に囲まれて完全な密室と化した「バルブ」内で、
次々と起こる殺人。残された盲目の天才科学者と彼のアシスタントの運命は…。
反転する世界、衝撃の結末。
知的企みに満ちた森ワールド、ここに顕現。

物語は主人公とそのアシスタントの2人称で語られます。
そして<バルブ>に閉じ込められた者たちが
次々と殺されていくわけですが、
ここのトリック、そしてロジックはお見事だったと思います。
2人称という所に何かあるのではと思いはしつつも、
なかなか気付きませんからねえ。
バルブという<雪の山荘>を持ってきた意味、
この物語のメイントリックになるわけですが、
これもなるほどなあと。
だからこそ2人称でなければならなかった訳ですね。

ラストは賛否両論あるかと思いますが、
読んだ当時、どう思ったか記憶が定かでないです(苦笑
完全なるミステリというか、
現在森さんが書かれている作品群(特にミステリ以外)
の先駆け的なものだったのかもしれませんねえ。
ミステリと幻想(言葉が妥当か微妙ですが)の融合というか。






女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2004/01
  • メディア: 文庫



迷宮百年の睡魔 (新潮文庫)

迷宮百年の睡魔 (新潮文庫)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/05
  • メディア: 文庫



nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

今はもうない(Switch back) [森博嗣]

シリーズをずっと読んでいるにも関わらず、ブログには書いていない
そんな気がしました(苦笑)

S&M、V、四季、G、そしてX・・・数々のシリーズありますが、
いまだ文庫化されているのは四季まで。早くGが読みたいモノです。

さて、本作はS&Mシリーズのなかでも最高傑作との呼び名が高い作品。
個人的にはやはり最後の「有限と微笑のパン」が好きですが、あえて変化球(笑

まあようするに叙述トリックが好きなだけだろう!と言われかねませんが(笑

今はもうない―SWITCH BACK (講談社文庫)

今はもうない―SWITCH BACK (講談社文庫)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

黒猫の三角(ネタばれあり) [森博嗣]

森博司さんのVシリーズ第1弾。
探偵「保呂草」と瀬在丸紅子らが挑む密室殺人です。
さて、内容はともかく(笑)この作品で最もなるほど、と思ったのは
エピローグです。
保呂草が犯人である「保呂草」の動機について意見を述べている箇所です。
森さん本人がこのように考えていられるかはわかりませんが・・・・
動機が自分たちや大勢に理解できない→異常である、という考え方は
人間の尊厳を無視し、人間の複雑さを排除しようとするシステムである、というのは一理あります。
動機を全て理解することなど不可能だと思います。
今の世の中で異常だと言われている動機が、ひょっとしたらある時代では正常、大勢の人が
理解できるもの、になるのかもしれないわけです。
そう考えるとちょっと恐ろしい気もするのですが、
まあ、動機に限らず自分に理解できないから、異常である、という考えはきわめて危険です。
この小説は前に書いた「悪意」の動機の問題ともリンクして非常に考えさせられるものでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
森博嗣 ブログトップ