So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
乾くるみ ブログトップ

六つの手掛り [乾くるみ]

完璧なまでのロジック。
シャーロック・ホームズの名言
「ぼくは以前からひとつの信条を持っています。
完全にありえないことを取り除けば、残ったものは、
いかにありそうにないことでも、事実に間違いないということです。」
これを思い出しました。

個人的に近いなと思ったのは火村英生の詰め将棋のような推理。
特に顕著なのは「スイス時計の謎」ですね。
本書の探偵役・林茶父はまさに論理・そして上記ホームズの
言を地で行く探偵にほかなりません。

どの事件も、本当にいわば誰が犯人なのか?
に重点が最大限置かれ、他の動機etcはほとんど語られず
物語は幕を閉じます。それがまた印象に残ります。

やや例外を言えば、林茶父の過去が語られる「五つのプレゼント」
どこか茶父が寂しそうに感じます。

しかし「女か虎か」が出てきたり、いやあ、楽しめました。
一巻の終わりは、完全にダジャレ。
いや上手くは出来てますけど。



六つの手掛り (双葉文庫)

六つの手掛り (双葉文庫)

  • 作者: 乾 くるみ
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2012/03/15
  • メディア: 文庫



nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

林真紅郎と五つの謎 [乾くるみ]

乾さんの作品は初読。

林家の四男・真紅郎が遭遇する「五つの謎」
「シンクロする・・・シンクロする・・・」が彼が真相を見抜く時の呪文(?)です。

どの謎も魅力的な謎ばかりで、オススメを挙げるのが非常に難しい!
彼自身の境遇とも重なり、最後は実は謎が残る「陽炎のように」

自分自身が作成した暗号を間違えて解き明かしたのに、
それが逆に功を奏す「過去から来た暗号」
これは内容もそうですが、このタイトルが秀逸。

最近では「六つの手掛かり」で林家の三男・茶父が活躍するようで、
これからもまだまだ楽しませてくれそうです。




林真紅郎と五つの謎 (光文社文庫)

林真紅郎と五つの謎 (光文社文庫)

  • 作者: 乾 くるみ
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2006/08/10
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
乾くるみ ブログトップ