So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
小林泰三 ブログトップ

安楽探偵 [小林泰三]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

街いちばんの名探偵の元には、奇妙な依頼人ばかりがやって来る。
熱狂的ファンの中年男に、執拗に真似をされる恐怖を語る人気アイドル。(「アイドルストーカー」)
何者かに太る薬を盛られていると訴えるダイエットマニアの女。(「ダイエット」)
事務所から一歩も出ないものぐさな探偵の推理とは?
全編に仕掛けられた巧妙な罠と黒い笑い。奇才が放つ連作ミステリー

小林泰三さんは「密室・殺人」のトラウマがあったので、
どうかなあと思ったのですが・・・

本作は連作短編集です。
各事件は独立しているものの、最終話「モリアーティ」で一気に
物語が一本に繋がります。

読んでいて一番違和感を感じたのは「食材」。
おそらくは、この事件の「謎解き」が、「モリアーティ」での
探偵が推理した「愉快犯」という結論が導き出されたのではと。
勝手に解釈しました(笑

というか、この「食材」は明らかに探偵の謎解きはおかしいですからねえ(笑

各話に実はそれとなくヒントを散りばめられているのですが、
これに気づくのはなかなか難しい。

もう一つ。本作に登場する依頼人がよくその推理で納得するなという
のも思いました(笑


安楽探偵 (光文社文庫)

安楽探偵 (光文社文庫)




密室・殺人 [小林泰三]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

傍若無人な探偵・四里川陣に命じられて、助手の四ッ谷礼子は雪山に建つホテルへ殺人事件の調査に赴く。
彼女を待ち受けていたのは、密室から消えた死体の謎だった。カードキーでロックされ、
しかも衆人環視下に置かれた密室状況は、なぜつくられたのか?遊び心あふれる論理の背後に、
周到に張り巡らされた伏線の数々。『大きな森の小さな密室』の著者が贈る、会心の本格ミステリ。

殺人なのか事故なのか、はたまた自殺なのか、死体の謎は分からぬまま。
しかし、その現場には密室が存在していた。
被害者は三人の監視の中、どうやって部屋から出たのか?
そして、これは殺人なのか?
名探偵四里川陣とその助手・四ッ谷礼子が挑む。

元々は角川ホラー文庫で刊行されていた本作。
なんでホラー文庫なんだろうか?と思っていたのですが、最後の最後、
「探偵」の謎解きでその謎は明かされました。
というか、この謎は全くわからない。どう考えればいいのか、全くわかりません。
だれか解説を(苦笑

どんでん返しとか、そんな事ではなく、もやもやばかりが残る
読了となってしまいました。


密室・殺人 (創元推理文庫)

密室・殺人 (創元推理文庫)




密室・殺人 (角川ホラー文庫)

密室・殺人 (角川ホラー文庫)

  • 作者: 小林 泰三
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2001/06
  • メディア: 文庫



完全・犯罪 [小林泰三]

以前紹介した小林泰三さんの本です。
ミステリ短編集となっていますが、
前作と比べると、ホラー色の強いものになっています。

「ドッキリチューブ」はどこかで見たようなと思っていたら、
「世にも奇妙な物語」でしたか~
世の中全てがどっきりで済ませらればそりゃ楽ですけどね。

「隠れ鬼」はよくわからん。
これもある意味「奇妙な世界」に迷い込んでしまった系なんでしょうか・・・

表題作はタイムパラドックスの話ですが、途中からすごいことになって
頭が混乱します(笑

最近本を読んでいなくて、積ん読が増えているんですよね。弱った。


完全・犯罪 (創元推理文庫)

完全・犯罪 (創元推理文庫)




大きな森の小さな密室 [小林泰三]

書店で平積みにされていてイチ推しされていた
小林泰三さんの本。
前に読んだなあと思っていてスルーしてたんですが、
読んでなかった(笑

と言うわけで、タイトルのものと「完全・犯罪」を購入。
まずは年代順に。

ある意味バカミスじゃないのかと思うのは
「正直者の逆説」と「遺体の代弁者」ですねえ。
前者は頭が混乱します(笑
後者はもしかしたら将来的にあり得そうな話です。

メタや倒叙、犯人当てとバラエティに富んだ内容に
なっていて、東野圭吾さんの天下一シリーズを彷彿と
させます。
最後の「パン屑の研究」は徳さんがなぜ繰り返して同じ
行動をするのかがむしろ謎だ(笑


大きな森の小さな密室 (創元推理文庫)

大きな森の小さな密室 (創元推理文庫)




大きな森の小さな密室 (創元推理文庫)

大きな森の小さな密室 (創元推理文庫)

  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2011/10/21
  • メディア: Kindle版



小林泰三 ブログトップ