So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

パニック障害な日常2014 [心身]

久しぶりの更新です。
最近あまり本を読んでいなくて、止まってましたねえ。

さて超がつくほど久しぶりのカテゴリですが、
今日は朝方いきなり目が覚めて、なんというか、手足のうずうず感がひどく、
軽い発作・・・
日中に、大きな発作が出ちゃいまして、きつかったです。
また手足のむずむずがあって、う~ん、新たな症状か?

まあなんとか体制を立て直したい。


薬なし、自分で治すパニック障害 (角川SSC新書)

薬なし、自分で治すパニック障害 (角川SSC新書)

  • 作者: 森下 克也
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川マガジンズ
  • 発売日: 2014/01/10
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パニック障害な日常-CR?- [心身]

このカテゴリも久しぶりです。
ちょっと前に定期通院で薬がパキシルからパキシルCRに
変わりました。
まあこれは病院全体で薬を変えたようで、
僕の症状云々ではないです。
このパキシルCRというのは血中濃度をパキシルより
一定に保てるらしい・・・まあよく僕もわかりません。

基本このCR錠はうつ状態・うつ病の方への適応みたいですが、
PDへは応用なんですかねえ・・・
まだパキシルがあるので、CRまではもう少し先なんですが、
やっぱ少し不安がありますね(苦笑


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

新型SSRI、レクサプロ登場 [心身]

国内第4番目のSSRI、レクサプロなるものが登場したようです。
ジェイゾロフトをずいぶん前にこのブログで
書いた記憶がありますが、それからだいぶ
経ってますねえ。

薬というのは人によって出る副作用もあるし、
合わない場合も多々。
なので、選択肢が拡がるという事は喜ばしい事です。


うつ病の人の気持ちがわかる本 (こころライブラリー イラスト版)

うつ病の人の気持ちがわかる本 (こころライブラリー イラスト版)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/06/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



最新版 パニック障害の治し方がわかる本 (こころの健康シリーズ)

最新版 パニック障害の治し方がわかる本 (こころの健康シリーズ)

  • 作者: 山田 和男
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2011/07/22
  • メディア: 単行本



nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ロキソニン、市販薬として販売 [心身]

僕が頭痛の時に御世話になるロキソニンが
21日、つまり明日より市販されるそうです。

ロキソニンSという名称らしいですが、
そもそもロキソニンに種類があったのかなあ。
貼るタイプは知ってましたが。

病院で処方されるロキソニンと比較したいとこですが、
無駄なのでやめます(苦笑

しかしどんどん便利な世の中になってくなあ・・・


オールカラー版 家庭の医学

オールカラー版 家庭の医学

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • 発売日: 2010/11/05
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パニック障害な日常―新幹線に乗ろう・上級編― [心身]

超久々のパニックカテゴリ。
ちょっと前に、重要行事のため、関西方面へ行ってきました。

私は関東地方在住のため、東京駅から東海道新幹線にて
向かわなければなりません。
あ、飛行機というのもありますが、さすがにそれはムリというもの(苦笑

新幹線に乗ったのは、おおよそ1年前くらいですかねえ・・・
名古屋までと京都まで、行きました。
その時はどちらも「こだま」でしたが。

さて今回は、「こだま」という訳にはいきません。
というのも行きはともかく、帰りが「こだま」だと家路に着けない
可能性が大なのです。まあそれだけ遅くなるという事です。

それともう1つは、ここ最近の状態が悪くないという事や
ここでリハビリせねばいつするのかという気構えから。
それに一人ではなく、複数人で行くので、それが非常に
心強いものがありました。

行きはそこそこ停まる「ひかり」にて。
乗る前に頓服を服用し、無事に到着。

帰り。もはや時間的に選択肢が「のぞみ」しかなく、
複数の友人も居たことから、搭乗することに。
やはり頓服を事前服用し、いざ「のぞみ」へ。
途中少し危なくなりましたが、なんとか切り抜けました。

行く前、実はかなり不安になったりしたんですよね。
しかしお医者さんに相談したことで、当日は落ち着いて
乗ることができました。
後は上記書いたように、同乗者が居たおかげです。
一人で、果たして「のぞみ」に乗れるかどうか・・・
まあしかし、乗れたことは大きな一歩だよなあと
思うことにします。

しかし「のぞみ」は速いなあ。


こころのサポート 2010年 12月号 [雑誌]

こころのサポート 2010年 12月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: メディカルパブリッシャー
  • 発売日: 2010/11/02
  • メディア: 雑誌



都合のいい「うつ」(祥伝社新書212)

都合のいい「うつ」(祥伝社新書212)

  • 作者: 上野 玲
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2010/09/01
  • メディア: 新書



僕とパニック障害の20年戦争

僕とパニック障害の20年戦争

  • 作者: 寺本 秀人
  • 出版社/メーカー: 牧歌舎
  • 発売日: 2009/06
  • メディア: 新書



こんなワタシが「お母さん」!?―うつ&パニック障害といっしょ。

こんなワタシが「お母さん」!?―うつ&パニック障害といっしょ。

  • 作者: 青柳 ちか
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2009/05/28
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パニック障害な日常-遠出しよう- [心身]

恒例の(?)シリーズ。

今回はどうしても関西方面へ出かけなければならず、
土日に行ってきました。

とはいえ、新幹線を使うのは避けられませんから
担当医とも相談しました。
まあ前回の新幹線と同じく、前日夜服用薬を1錠から2錠とし、
乗る前に頓服を服用するってことに。

まあ最大の違いは今回は一人にて行くということで、
僕もそれはかなり心配でした。

夕方の新幹線、もちろん「こだま」です!(笑
さすがに「のぞみ」は無理ですねえ。「ひかり」は
乗れる可能性があるのはありますが・・・

乗車してしばらくは緊張気味。
友人とメールをしつつ、途中少し睡眠もでき、まずは名古屋到着。
今夜はここで友人宅へ宿泊です。
やはり夜は緊張からかまるで眠れず、さらに怖くなり、頓服を服用。
まあ友人との話も盛り上がり、1時間ほどしか眠れませんでした。

早朝の新幹線「こだま」にて京都へ移動。
これが睡眠不足もありかなり不安でしたが、無事到着。
午後再び帰還。
今度は京都から東京です。
これは長かったですが、途中爆睡でした。

というわけでなんとか乗り切った感じはあります。
JR東海は「のぞみ」と「こだま」「ひかり」の路線を分けた
方がいいと思うのですけどねえ。
「こだま」もそれなりに需要があるのに、全然走行していない・・・
パニック障害を抱える方にとっては大変厳しいです。
だいたい「こだま」だと終電が早すぎて困る。

まあなんとか行けましたが、
外泊というのが僕にはかなりネックのようです。
しかし「なぜこだまなの?」を説明するのが
一番大変というかつらいですね。


僕はもう、一生分泣いた―パニック障害からの脱出

僕はもう、一生分泣いた―パニック障害からの脱出

  • 作者: 円 広志
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2009/01/27
  • メディア: 単行本



非定型うつ病 パニック障害・社交不安障害 よくわかる最新医学

非定型うつ病 パニック障害・社交不安障害 よくわかる最新医学

  • 作者: 貝谷 久宣
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2009/06/25
  • メディア: 単行本



こんなワタシが「お母さん」!?―うつ&パニック障害といっしょ。

こんなワタシが「お母さん」!?―うつ&パニック障害といっしょ。

  • 作者: 青柳 ちか
  • 出版社/メーカー: イーストプレス
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 単行本



僕とパニック障害の20年戦争

僕とパニック障害の20年戦争

  • 作者: 寺本 秀人
  • 出版社/メーカー: 牧歌舎
  • 発売日: 2009/06
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

飛びすぎる脈 [心身]

僕は期外収縮という不整脈があるんです。
この不整脈は治療する必要がないものなので、
そういう病を持っているとわかっても
別段何のあれもありませんでした。

ただ本当にひどい時は
心臓の周囲がものすご~く不快になり、
ちょっとただらなぬ感じが出ます。
特に睡眠不足だと厳しいですね。
パニック発作も誘発されかねません。

心電図で見ると飛びまくりがわかるので
かなりビビリますね(苦笑

治療が必要なくても
結構日常生活に支障でたりするのは
やっぱりイヤですねえ。


不整脈―突然死を防ぐために (別冊NHKきょうの健康)

不整脈―突然死を防ぐために (別冊NHKきょうの健康)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2009/07
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パニック障害な日常-新幹線へ挑戦しよう- [心身]

人によるとは思いますが、
パニック障害を患っている方の中には、
あんまり停車しない電車などに
恐怖を感じ、乗れなくなる方が多いかと思います。

僕もこの病気になってから全く乗れませんでしたが、
ちょっと前になんとか友人と一緒に乗ることができました。

そしてこれも少し前の話になりますが・・・
どうしても関西方面に用事があり、
行かなくてはならなくなりました。
思案をしてもやはり新幹線に乗るしかないと
いう結論に。
勿論1人では怖いので、
御願いをして友人と乗ることにしました。

とはいえ、のぞみは選択肢にはなく、
ひかりも危ない。
そうなるとこだまですよねえ(笑
まあひかりもこだまもすでにほとんど走ってないので、
かなり限定はされるものの、なんとか乗ってみました。
事前に薬服用&1人ではないということで、
まあどうにかこうにか乗れました。

今後もまた乗れるかどうかはわかりませんが、
一歩一歩前に進みたいものです。


やっと。やっと!―パニック障害からぬけ出せそう…

やっと。やっと!―パニック障害からぬけ出せそう…

  • 作者: 大場 久美子
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本



パニックマン―ある体育教師のパニック障害克服記

パニックマン―ある体育教師のパニック障害克服記

  • 作者: 高尾 淳
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パニック障害な日常-薬は不可欠- [心身]

今日は朝少し早めに出かけていたのですが、
途中で薬を持ってくるのを忘れていたことに気づき、
大パニックキターになりました。

混んでて電車も座って居らず、ようやく開いた席になんとか座り、
ふらふら、震えでブルブル、動機はガンガンととんでもないことになりました・・・
あれだけでかい、そして長く続いたのは今までもそうそうありません。

まあ薬そのものは少し持っていたのですが、
いつものを忘れるということで頭は薬があるとわかっていても
体がそうはいかなかったですね・・・
いや、辛い。

明日はさらに早く出かけないとなので、非常に不安です。


不安・恐怖症のこころ模様―パニック障害患者の心性と人間像 (こころライブラリー)

不安・恐怖症のこころ模様―パニック障害患者の心性と人間像 (こころライブラリー)

  • 作者: 貝谷 久宣
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/11
  • メディア: 単行本



パニック障害―治療・ケアに役立つ実例集

パニック障害―治療・ケアに役立つ実例集

  • 作者: 貝谷 久宣
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2008/11/18
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パニック障害な日常~発作は突然に~ [心身]

昨日、というか今日の未明ですが、
1時くらいに寝たのですが、2時過ぎに目が覚めてしまいました。
そこで、かなり久しぶりのパニック発作がきちゃったんですよねえ・・・

まあ少し経てばよくなるのだけど、今回のはかなりひどくてとにかく気持ちが悪い。
吐き気もする。
動悸は全く感じなくて、とにかく体のいや~な感じと気持ち悪さがありましたねえ。
まあ起きてインターネットをやって気分を変えつつも、やはりかなり危ない感じ。
しかしいつの間にかそのままコタツで寝てしまいました。

久々にくると凹みますし、きついですね。


私のパニック障害―患者から学ぶ安心生活の方法

私のパニック障害―患者から学ぶ安心生活の方法

  • 作者: 野沢 真弓
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2004/11
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

医薬分業の秘密 [心身]

水乃サトルシリーズ学生編最新作!(笑)ではありませんが。

最近病院では処方箋が出されて薬局にもらいに行きますよねえ。
僕のかかりつけのお医者さんもちょっと前からそんな感じに。
でも思うのですが、だいたい病院のすぐ近くに薬局がありますよね。
ということは、もし変わった薬やあまり使用されない薬を処方されて
薬局になかったらどうするんでしょうかねえ。

大学病院とかでは処方箋をその患者さんが行く薬局にFAXするというのがあったりするんで
ない場合は即取り寄せるってことが可能だと思いますが、
そんな近くの薬局では無理だろうしなあ。

う~ん・・・どうするんだろうか?
非常に謎に感じてしまいました。


医薬分業への道―日本調剤の終わりなき挑戦

医薬分業への道―日本調剤の終わりなき挑戦

  • 作者: 鶴蒔 靖夫
  • 出版社/メーカー: IN通信社
  • 発売日: 2005/12
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パニック障害な日常~春夏秋冬~ [心身]

もう昨日の暑さは参りましたねえ・・・
発作が朝方キキキターキ━━ (*`Д´)=○)Д゚) ´Д゚)・;' タァ━━!!でした。
まあしばらくしたら収まりましたけど。

季節によってこの病は調子が違う、それはしかも人によっても。
たぶん僕は夏がダメですねえ。
普段100%のうち60から70で活動しているとするならば、
夏は70%のうち50から70で活動している感じです(笑
まあようするに全体のパイが縮小しているわけですね。

まあ暑さは仕方がないけど、梅雨はそろそろ明けるのかなあ・・・


パニック障害100のQ&A

パニック障害100のQ&A

  • 作者: キャロル W.バーマン
  • 出版社/メーカー: 星和書店
  • 発売日: 2008/05
  • メディア: 単行本



パニック障害ハンドブック治療ガイドラインと診療の実際

パニック障害ハンドブック治療ガイドラインと診療の実際

  • 作者: 熊野 宏昭
  • 出版社/メーカー: 医学書院
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パニック障害な日常~パキシルの量とは~ [心身]

ちょっと前になりますが、定期の通院に行ってきました。
主治医の先生が替わったので、今までの経緯なり色々と話してきました。

まあ色々と抜本的に見直そうということで、パキシルを10から20にしました。
今のところその効果はわかりませんが、効いているのかなあ。

まあ早くよくなるためには色々とチャレンジをしていかなければいけませんね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パニック障害な日常~医師を変えるか、変えないか~ [心身]

定期的にお医者さんにかかっているのですが、
今度主治医の先生が異動するらしいのです(これが二度目)
大学病院なので、まあ仕方ないことなのですが。

まあ色々と諸事情があり、後任の先生に診てもらうか、
あるいは近くの病院に変えるか。
いくつか選択肢を先生から出して頂き、次回決めることに。

どの病気でもそうなのかもしれませんが、特に医師との信頼関係(話しやすさとか合う・合わないなど)
はこの病気(も含め)重要だよなあと思っているので、なかなか難しいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

大晦日&元日~パニック障害な日常2008~ [心身]

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて大晦日は「ガキの使い罰ゲーム」を観ました。
う~ん、去年の方がおもしろかったかなあ。
山崎は仕方ないとしても、ちょっと。
怖がってはいけない病院は良かったです。
松本のひとりぼっちの旅館を思い出しました。

さて元日は「爆笑ヒットパレード」、「志村&所の闘うお正月」(笑
さすがにペーパードライバーは毎年おもしろい。
まあナビゲーターの車を使った方が楽しかったし、最後は駐車だけでなく、
障害を越えてのやつが好きでしたが。

相棒は相変わらずお見事な出来。
カシオペアで起こる殺人事件だけでなく、もう一つの爆弾事件も絡ませる展開はすごかったです。

元日は風邪であまり具合がよくなかったのですが、
夕方くらいからどんどん悪くなって、しまいには発作も出る始末でもう新年から
最悪な一日でした・・・

病気、早く治りたいものですなあ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

誘惑 [心身]

悪い、よくない、それはわかっているんだけど、
ついつい負けてしまうんですよね・・・
コタツで就寝(笑
風邪引かないように気をつけます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

野菜生活 [心身]

みなさんはどの「色」が好きでしょうか。
僕は緑しか飲みません(w
なぜなら、赤はなんかくせがあって飲みづらく、紫は一度飲んだことがあるのですが、
しそが入っているのを知って以来飲めません(しそはキライなのです)

さて、最近新たに黄色が登場しました。
黄色い野菜って・・・・なんだろうか。

そもそもまだ飲んでないので味がわからないのですが、
どうもフルーツのイメージが湧いてきますねえ・・・

あれって緑だけ飲んでいてもダメなんでしょうか。
全部の色を飲まなきゃ、摂取したことにならないのだろうか?
そうだとしたら相当めんどくさいなあ・・・

まあ飲んでいるだけでも多少は良いことだろうと考えることにします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パニック障害な日常~昼間と夜間~ [心身]

パニック発作が出やすいのは僕は圧倒的に夜間。
というか、夜型人間なので、ずっと起きているのです・・・orz

夜が怖いというのはおそらくは
病院などを含め施設・あるいはショップなどが閉まっている。
友人などは睡眠中のため、誰とも連絡がとれなくなる。
電車がなくなる。
このあたりが原因と考えています。

しかし毎日朝まで起きていたとしても、常に怖いわけではありません。
その辺はまあ難しいところですね。

セロトニンを多く吸収するためにはやはり大陽の光をしっかり浴びることが重要ですし、
そもそも午後とかに起きること自体、問題ですからねえ・・・
まあそういう仕事などの関係でそういう生活環境の方は仕方ないとしても。

早起きまではいかないにしても、朝きちんと起床し、夜は早めに就寝する。
昼間は活発的に行動する。こういうきちんとした生活がパニック障害にも
いいのではないかと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

口内炎に苦しむ(+=+) [心身]

毎月のように口内炎が出来ていて、痛いです。
明らかに栄養不足で出来ているらしい・・・と個人的に勝手に思ってます。

すぐ治るのはいいのですけど、
前は奥歯の横のほっぺの所にできていて、ものすご~く陥没してました。
痛くて仕方ないし、全然薬塗っても治らないし・・・
相当時間かかりました。

でも治ったと思ってしばらくすると、また発生・・・
いったい何がどうなってるんだー!!!

今は上唇の裏にできていて痛いです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パニック障害な日常-パニック発作- [心身]

パニック障害と診断される、ということは、
このパニック発作というものを何度も経験(?)しているということです。

まあ発作とあるように、
動悸が激しくなったり、吐き気がしたり、手や足がしびれたり、
急に体が熱くなったり、めまい、呼吸の乱れ、過呼吸、狂うという心配、
他にもいくつかあると思いますが、
こうしたことが起きるのがパニック発作です。

実際死ぬのではないか?と思う方もたくさんいると思いますが、
死ぬことは絶対にないんですねえ・・・厄介な事に(笑

この発作は相当きついです。正直言って何度経験しても
絶対慣れることはないです。
恐ろしいです。僕は気を失いたいと思います、出たときは。

もちろん、ある程度経験してくると、コントロールや対処法
を自ら、あるいはお医者さんから教えてもらったり、
抗不安薬で即効性のあるモノを服用するなど、
対処の仕方はあります。

しかし、とにかく怖いです。
正直言い表せない気分なんですよねえ・・・
症状は上に書いた感じですけど、とにかく焦ります、ぼくは。
居ても立ってもいられない状態になります。

ちなみに、僕は夜が特に怖くて、これが出やすいんですね。
まあ、病院やってないし、誰とも連絡とれそうにない、
というのが大きな理由でしょう。
だから自然とブログの更新時間が遅いわけで(笑

まあ結局この発作がでなくなること、そして予期不安、広場恐怖
がなくなること、これがこの病気の完治に近い状態
になるのだと思います。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パニック障害な日常~広場恐怖vs予期不安~ [心身]

パニック発作がと言うモノが連続して起こるように
なり、よく出やすくなるのが上記の二つ。
広場恐怖
これは人が大勢いる場所などで、「ここで発作がでたら・・・」
などと考えてしまい、怖くて人混みや人が多く集まる場所に
行けなくなってしまいます。

予期不安
一度発作が出た場所、あるいはある区間、時間帯などに
なると、「前みたいに発作がきたら・・・」と考えてしまい、
発作が出なくても怖くなってしまうもの。

ぼくはどちらかと言えば、今は予期不安のほうが強いですね。
広場恐怖も無いこともないですが、このブログを書き込んでいるのが
結構夜中が多いのは、夜が怖いからです。
夜という時間帯が怖いので、他のことをして気を紛らわせている
わけですねえ。

まあそういう恐怖心をなくして行くように薬を飲んだり
したり、あるいはリハビリをしていくわけです。
しかしまだまだ道半ば。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パニック障害な日常-パキシルvsジェイゾロフト [心身]

パニック障害と言う病には専用の薬があります。
シャア専用、ハマーン専用ならぬ、です(笑
そりゃあるだろう、って思う方もいるとは思いますが、
まあ結構この薬の歴史は浅いんですね。
その名も「SSRI」
パニック障害という病気は脳内物質のセロトニンというものが
大きく関わっているようで、これが減少すると
まあパニック発作と言われるモノが起こりやすい。
で、このSSRIはそれが外へ出て行くのを阻害する薬というわけです。
もちろん、抑鬱薬でもあります。

デプロメールとルボックスというのが国内初のSSRIで、
僕が飲んでいるのはその次にあたるパキシルという薬です。

ところがまあ薬には副作用がつきもので、このパキシルという薬は
人によって合う方、合わない方が多いみたいですね。
まあもちろんパキシルに限らず、薬には副作用があるもので、
薬も効くといわれていても、やはり個人差があるというのは
当然です。

幸いにも僕はあまり副作用は出なかったような気がします。

で、最近新たに登場したのがジェイゾロフト。
ジェノサイダーではありません(笑
この薬は効果の持続時間が長く、一日一回の服用で済み、
他のSSRIよりもセロトニンの再取り込み阻害作用が
強力と言われています。

こうした新薬が開発されていくのは喜ばしいことです。
もちろんSSRIだけがパニック障害の治療に用いられる訳では
ありませんが、薬の選択肢が拡がるというのは患者にとっては
大きいものだと思います。

鬱病や社会不安障害、これらはCMで見かけた方も多いのでは
ないかと思いますが、
パニック障害はまだまだ社会的認知が低いモノ。
(もちろん上記の病気もまだまだ認知が低いとおっしゃる方も
 居ると思いますし、パニック障害に限らず、ですが)
多くの方に知ってもらいたいと思う日常です。


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

部屋とパニック障害と私-30,000hit御礼をかねて- [心身]

閲覧数が30000hitを超えました。
本当にありがとうございました。
ってまあ終わるわけではないですが・・・(笑

さて、いよいよ僕の真のブログ登場させようと思います(笑
タイトルにあるように、パニック。
僕はパニック障害っていう病を持ってるんですが、
まあ結構ブログで書いている人もいますよね。

詳しくはまあ書きませんけど、たまにパニック障害関連の
記事でも書こうかと思います。
すでにmixiではこれ専門になってますが・・・(笑

興味のある方はmixiを御覧あれ(笑。偉そうですいません)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

夢を見続けているオトコ [心身]

寝ているときに見る夢です、念のため(w
よく観る夢
その1:歯が抜ける。
その2:車を運転していて、ブレーキが利かなくなる。

このふたつ、圧倒的に高いです。僕の夢の中では。
何か深層心理の中にあるのだろうか・・・

最近は、夢を見た後、異常なまでに憂鬱な気分になります。
どういう夢かはっきりと覚えてないのに、とんでもなく憂鬱です。

夢を見ないクスリとかあるのだろうか・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

何度も確認するオトコ [心身]

う~ん、こういう人は多いと思うんですけど・・・
僕は家に鍵をかける、ガスの元栓を閉める。コタツを切ったか確認する。
こういうことをなんど~~~~~~~~も確認するんです。
気になるんですよねえ・・・ヽ(  ̄д ̄;)ノ ハラヒレホロヒレハレーー

一度あまりに気になって帰宅したことがあります(汗
これはイヤな性格ですよ~そして損な性格です・・・

これが進むと「強迫性神経症」になるようなのですが、
まだそこまでは行ってないという感じですね。

なんであんなに気になるのか気になります(笑


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

夢を抑制するクスリ [心身]

新たにカテゴリを設けました。
どんどんカテゴリが増えていくなあ。

今日、「たけしの本当は怖い家庭の医学」でレム睡眠行動障害
という病気をやってました。
これは結構怖い病気だなあと思っていたのですが、
な、な、なんとこの病気を薬で治すことができるとか。
それもしかも夢を抑制するっていうじゃありませんかΣ(゚д゚;) ヌオォ!?
ドラえもんの世界か?と一瞬。

本当に医学の発達はすごい。そんな薬まで開発できるなんて。
病気を抱えている方にとっては非常にありがたいですね。

しかし・・・一体どういう作用をし、そういう成分なのかなあ??
気になって仕方ないのです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:健康

片頭痛もちのオトコ [心身]

痛い、痛い、痛い・・・とにかく痛いんですよ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
たまにおきるこの頭痛。なんとかならんものですか?!

イロイロと調べてみると
ストレス・寝過ぎ・寝不足・食べ物・・・様々原因があるようです。

ずいぶん前から片頭痛があることは知ってましたが、
普通の頭痛薬を極限の痛みになるまでは我慢して、それでも
だめなら服用してました。
最近、偏頭痛用の頭痛薬をもらったのですが、
これが結構高い。しかも偏頭痛の予兆があった時に飲まないと
効果がないようです。
難しいし、高いので、よほどのことがない限り飲まないでしょう。

「この痛みをどうすりゃいいの、誰が僕を救ってくれるの?」
         (奥田民生「大迷惑」歌詞変えバージョン)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康