So-net無料ブログ作成

心のなかの冷たい何か(若干ネタバレあり) [若竹七海]

若竹七海さんの長編、先頃創元推理文庫から刊行されました。
主人公は若竹七海、旅行先で知り合った一ノ瀬妙子と言う女性が
自分に電話をくれた後、突如自殺未遂をはかる。
そして七海の元に彼女の「手記」が届く。
彼女は自殺ではないのではないか、との思いから、「友人」の事件の
真相を探り出す・・・

長い間文庫化されず、ようやく待ちに待った刊行です。
私だけが理解できていないのか、どうしても一ノ瀬妙子の動機がいまいち
わかりません。最後に因縁の様な話(ガス)が出てきて、
それが大きいのか、なんて思ったりもしますが、そんなはずはないし・・・
しかし主人公の行動が結果的に悲劇を招いている面もあって
悲しい感じがしました。
「力也」というキャラクターが登場しますが、彼はなかなかいい味を出してます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0