So-net無料ブログ作成

りら荘事件 [鮎川哲也]

創元推理文庫から此度出ました。
読みたくて仕方なかったので、とてもうれしかったです。
以下ネタバレです。

僕は内容は全く知らなかったので、「名探偵」が初めからその場に存在せず、
安楽椅子探偵的なものであることがちょっと驚きでした。
殺人現場にはトランプが落ちている、そして殺害方法がそれぞれ違う、
などはまさに現在の本格ミステリにも通じるところがあるんじゃないか、
と勝手ながら思いました。
特にトランプを置いていくことで殺害順をミスリードする心理トリックは見事です。
色覚異常、というものがこのミステリの大きなポイントでもありますが、
さほど違和感は感じませんでした。犯人によるやはりミスリードさせる発言
があったりしたので、意外とすんなり受け入れられました。

驚き、というかあまり他のものに見られないのは「名探偵」のリレーでしょうか。
最初の「名探偵」が本当にそうであったかはわかりませんが、
ちょっとシリーズ探偵にしては性格が悪すぎるとは思いました。
倉知淳さんの「星降り山荘」の「探偵役」をちょっと思い出しました。

星影シリーズはまだたくさんあるのか分からないのですが、
是非とも再び文庫化していってもらいたいものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0