So-net無料ブログ作成

Pleasure'98 ~人生の快楽~から・・・ [修行]

「いつのまにかこの街に 丸め込まれたのは君?
「もし生まれ変わったら」なんて 目を輝かせて言ってたくない」
「いつのまにかこの街に 丸め込まれたのは誰?
 くだらなかったあの頃に 戻りたい 戻りたくない」
              (B'z「Pleasure'98 ~人生の快楽~」)

この曲は91,95,98年と三回歌詞が変わっているんですね。
メロディは変化せずとも歌詞は時ととともに変化する。
自分の心境もそれと同じかもしれません。
自分は変わらなくても周りは変わる。
自分は変わっていないと思っていても「変わったな」と言われる。

僕自身は98から06まで生きてきて、イロイロと変化はあったけれど、
相変わらず「くだらなかったあの頃」のまま、な気がします。
同じ時を過ごした友達たちは環境も変わり、この曲にもあるように結婚し、父親になり、会社で出世していく・・・
必然的に会話の内容も昔話だけではなく、今の話が中心になったりと。

自分だけ取り残されている?なんて思うこともあります。
環境を大きく変えたい、と思うこともあります。
でも自分が選んできた道を進むしかないんだろうなあ。

「止まれないこの世界で 胸を張って生きるしかない」
どんな環境・状況・立場にあれこの歌詞のようにありたいものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0