So-net無料ブログ作成

古書店アゼリアの死体 [若竹七海]

若竹さんの作品はこれが三冊目。
最初読んだとき、この主人公?相澤真琴はどうも「心のなかの冷たい何か」の主人公、「若竹七海」と最初の不幸の出来事連続がかぶりました。
その後は全く違う歩みをしていくわけですが・・・

意外にも彼女の不幸のひとつ、火事で焼け出される、というのが
後々重要なポイントだったのは驚きでした。
あとは、前田しのぶ。最後で彼女のイメージが一変しました。

ただ、僕は名探偵肯定派で、シリーズキャラクターとしての「探偵役」が
登場するものが好きなんです。若竹さんのはおもしろいのですが、
今回のアゼリアも「探偵役」はどうも判然としなかったので、
その点は不満かなあと(ファンのかた、申し訳ありません)
これが光文社から出ているもので読んだ一冊目なので、
他のも読んでみたいと思います。

古書店アゼリアの死体

古書店アゼリアの死体

  • 作者: 若竹 七海
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0