So-net無料ブログ作成

十字架クロスワードの殺人-天才・龍之介がゆく! [柄刀一]

表紙が今までと全く違うので、探すのに手間取りました(笑
格好いい(?)龍之介が描かれているかと思いきや、
表紙からして本格な予感・・・

本書は龍之介シリーズ初の長編。
内容は「山荘」ものと「館」ものの二つの事件が同時に起こります。
それが最後に「クロス」するわけです。

まあ、それだけでなく、もっと大きな「クロス」が最後に隠されている
のですが。

読み応えは十分。相変わらず龍之介の知識はすばらしい。
その場にいなくてももう一つの事件も解決してしまうのではないかと
いうくらいです。

龍之介と光章のほうで起こる事件では「腕」が大きなポイントになる
わけです。一方その謎はもうひとつの一美さんがいるほうの事件で
明らかになります(といってもそれは読者にしかわかりませんが)
しかし、その謎だけでなく、この「腕」こそがもっと大きな事件の
謎を解くためのものだった、ということまではわかりませんでしたねえ・・

いずれにせよ、読み応えは十分。しかし、このシリーズ。後見人は
見つかって、遺産も手に入ったので、もう終わり?じゃないのかなと
思ってましたが、まだまだ続くようです。
今後も楽しみです。

十字架クロスワードの殺人―本格痛快ミステリー

十字架クロスワードの殺人―本格痛快ミステリー

  • 作者: 柄刀 一
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0