So-net無料ブログ作成

パニック障害な日常-パキシルvsジェイゾロフト [心身]

パニック障害と言う病には専用の薬があります。
シャア専用、ハマーン専用ならぬ、です(笑
そりゃあるだろう、って思う方もいるとは思いますが、
まあ結構この薬の歴史は浅いんですね。
その名も「SSRI」
パニック障害という病気は脳内物質のセロトニンというものが
大きく関わっているようで、これが減少すると
まあパニック発作と言われるモノが起こりやすい。
で、このSSRIはそれが外へ出て行くのを阻害する薬というわけです。
もちろん、抑鬱薬でもあります。

デプロメールとルボックスというのが国内初のSSRIで、
僕が飲んでいるのはその次にあたるパキシルという薬です。

ところがまあ薬には副作用がつきもので、このパキシルという薬は
人によって合う方、合わない方が多いみたいですね。
まあもちろんパキシルに限らず、薬には副作用があるもので、
薬も効くといわれていても、やはり個人差があるというのは
当然です。

幸いにも僕はあまり副作用は出なかったような気がします。

で、最近新たに登場したのがジェイゾロフト。
ジェノサイダーではありません(笑
この薬は効果の持続時間が長く、一日一回の服用で済み、
他のSSRIよりもセロトニンの再取り込み阻害作用が
強力と言われています。

こうした新薬が開発されていくのは喜ばしいことです。
もちろんSSRIだけがパニック障害の治療に用いられる訳では
ありませんが、薬の選択肢が拡がるというのは患者にとっては
大きいものだと思います。

鬱病や社会不安障害、これらはCMで見かけた方も多いのでは
ないかと思いますが、
パニック障害はまだまだ社会的認知が低いモノ。
(もちろん上記の病気もまだまだ認知が低いとおっしゃる方も
 居ると思いますし、パニック障害に限らず、ですが)
多くの方に知ってもらいたいと思う日常です。


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 3

ひかりこ

私はパキシル合いませんでした(^^;
今はルボックス(デプロメール)を服用しています。

へぇ~
新薬が出たんですね…φ(. . )メモメモ...
ホント、選択肢が増えるのは喜ばしいですよね。(*^ー^*)
by ひかりこ (2006-12-15 08:53) 

コースケ

僕の友人がジェイゾロフトって薬を処方
されたみたいなんですよね~
それで僕も調べてみたんです。
そしたら今年の中旬くらいに使用が開始された
薬でした。

僕はパキシルが合っているみたいで、不幸中の
幸いでしたが、なかなか自分に合う薬にたどり着く
のは難しい方もいらっしゃいますよね。

副作用は薬に付きものだと思いますが、
なるべく副作用があまりない薬の開発も
していってもらいたいものですね。
by コースケ (2006-12-16 00:08) 

コースケ

カノン様
nice!ありがとうございます☆
by コースケ (2006-12-19 00:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0