So-net無料ブログ作成

化生の海 [内田康夫]

浅見光彦シリーズ、今回は北海道、北陸、北九州と光彦が飛び回ります。

光彦のひらめきは天才的で、今作でも事件の全体像をよくあれほど
推理できるなあというのが感想です。
今作ではヒロインとの関係があまり深くならなかったなあ(笑)というのが
ちょっと残念ですね。
しかし光彦との年齢差は結構ある気がするんですけどね。

事件を終わりにするやり方は、浅見光彦シリーズにあるアノやり方です。
犯人に任せるという、いや実際にはそれ以外に選択肢をとらせない方法なのかも
しれません。
このやり方は賛否あるような気がしますが、どうなんでしょうねえ・・・
一方ではマンネリ化している気もします。

しかし物語全体は浅見光彦の推理ががぜん冴えわたり、読み応えはありますね。

化生の海

化生の海

  • 作者: 内田 康夫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0