So-net無料ブログ作成

朱の絶筆 [鮎川哲也]

鮎川哲也コレクションとして光文社文庫から刊行されました。
僕自身は鮎川さんは二冊目、そして待望の星影龍三シリーズです。

元々短編だったモノを大幅に増やして長編に。
ただトリックや犯人は変わってないようです。

篠崎豪輔というベストセラー作家が暮らす軽井沢の別荘に集まった人々。
その集まった人々は誰もが篠崎を殺す動機を持っていた。
そんな中起こる殺人事件、そしてそれは連続殺人へ・・・
はたして犯人は誰なのか?名探偵星影龍三が見事なまでに解明します。

各人が持つ「動機」の部分が書き足された第一部としてあります。
これだけでもかなりの分量ですが、この序章とも言える第一部のおかげで
第二部への殺人事件へスムーズに入っていけました。

星影龍三は短編版では姿をみせますが、なんと長編版ではその場にすらいません(笑
事件資料を見て、謎解き前に簡単な質問をするだけ。やっつけ仕事のように謎を解きます(笑
傲慢というのか、事件そのものに興味がないのか、彼はすごいなあ。

そしてこの小説は犯人当て小説となっていて、読者への挑戦が途中で入ります。
前も書きましたが、そういうのは大の苦手なので(苦笑)この物語全体を楽しみましたが^^;

「りら荘」はすでに創元から出てますが、改めて光文社のコレクションに入るのかもしれま
せんねえ。
星影龍三シリーズは本書が初のコレクションですので(それまでは鬼貫警部のみ)
次の発売が楽しみです!

朱の絶筆  星影龍三シリーズ

朱の絶筆 星影龍三シリーズ

  • 作者: 鮎川 哲也
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/02/08
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0