So-net無料ブログ作成

硝子のハンマー [貴志祐介]

日本推理作家協会賞受賞作。
専門知識もかなり入ってきますが、これはおもしろかったです。
「防犯コンサルタント」の異名(?)をとる探偵役・榎本とワトソン役の弁護士・青砥が挑む、
密室殺人の謎。

二部構成をとっていて、一部は榎本たちがこのトリックを暴くまで。
二部では犯人の倒叙形式をとっています。

初登場の榎本はホームズばりの推理で青砥が弁護士であることを見抜きますが、
まあ実際は監視カメラの映像から・・・なんて描写があったり、
彼自身「不法侵入」やらまあ色々と犯罪行為を実際にしていたりと、なにかといわくのある人物の
ようです。

二人の気があっているようには到底見えないのですが、今後はどうなることやら。

僕はこの小説では二部が好きです。
犯人の過去、犯罪に至る経緯、そして現在と過去との繋がり・・・
色々な事が描写され、かつトリックについても詳細な説明がなされます。

もしも彼が殺人を犯していなければ、結末は大きく変わっていた、そんな描写もありましたねえ。
探偵役の榎本は初登場ということもあり、人物像がいまだ謎が多くて、
その辺りも今後の作品で明らかになっていってもらいたいです。

硝子のハンマー (角川文庫 き 28-2)

硝子のハンマー (角川文庫 き 28-2)

  • 作者: 貴志 祐介
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0