So-net無料ブログ作成

白銀荘の殺人鬼 [二階堂黎人]

雪の山荘、外界とは閉ざされた空間、そこに居る殺人鬼・・・
まさに定番中の定番を舞台に繰り広げられる事件。

主人公は多重人格の立川順一、あくまで彼はメインの人格なだけで、
「美奈子」が本作の主人公です。
スキー旅行で多くの殺人を行い、順一という人格を殺す、それが彼女たちの目的です。

あくまでも「美奈子」の視点で描かれるので、彼女以外の人格が出ているときは我々にも
その行為はわかりません。
しかし彼女以外の人格は彼女にメッセージを残しています。
それが我々にとっても事件を解く大きな鍵となっているんですが・・・

多くの伏線が張り巡らされ、そのエピローグを読んだときは思わず「あっ!」と思ってしまいました。
物語の核心であるトリックは他の作品でも見られますが、
それを見抜くことができるかどうか、それは我々読者に委ねられているわけです。

本当の真相を知ることが出来たのは実は殺人鬼でなく、読者だけ、なんですねえ。
読み応えある作品でした。

白銀荘の殺人鬼 (光文社文庫)

白銀荘の殺人鬼 (光文社文庫)

  • 作者: 愛川 晶, 二階堂 黎人
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2004/02/10
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0