So-net無料ブログ作成

永遠の館の殺人 [二階堂黎人]

ついにキタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!
「キラーエックス」シリーズ最後を飾る本作。
黒田研二×二階堂黎人の共作もしばらくは読むことはできないとなると悲しいものです。

さて本作も前作と同じくとあるスキー場が舞台。
遭難してしまった主人公たちは山奥に建てられたとある館に助けを求めます。
しかしそこの館に住む人たちは何かを隠して暮らしている・・・
そして起こる連続殺人、死体消失の謎。
同時に描かれる「キラーエックス」の犯行・・・
はたしてキラーエックスの正体とは?
以下ネタバレ。

すでに正体は我々にはわかっているわけですが、
彼女がなぜ殺人鬼となったのか、それが本作で明らかにされます。
今回も名探偵は登場、しかし彼女もまた殺人鬼だったのですがね。

キラーエックスの犯行はここ2年ほど見られなかったと書かれていますが、
実際には昨年おこった<千年岳>事件も彼女の仕業。
しかしあの状況でよく彼女は生きていたなと思います。

第一作「Killer X」で見事な推理を見せた本郷大輔、彼は彼女の存在の危険さに
気づいていたものの、突き落とし魔として逮捕されました。

第二作「千年岳の殺人鬼」でも最後まで残った柳倭文子も彼女の犯行を暴いたものの
行方不明に。

本作では過去と現在の事件が描かれ、我々に叙述トリックをしかけた見事さも
ありますが、結局彼女の動機や正体ははっきりしたものの、
そこで物語は終了しています。

続編、無いとは思いますが、期待してしまいますね。
黒田研二さん、講談社文庫で新作を書いてほしいですねえ。


永遠の館の殺人―長編推理小説 (光文社文庫 (く12-3))

永遠の館の殺人―長編推理小説 (光文社文庫 (く12-3))

  • 作者: 黒田 研二
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/01/08
  • メディア: 文庫



Killer X キラー・エックス (光文社文庫)

Killer X キラー・エックス (光文社文庫)

  • 作者: 黒田 研二
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: 文庫



千年岳の殺人鬼 (光文社文庫)

千年岳の殺人鬼 (光文社文庫)

  • 作者: 黒田 研二
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/02/08
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0