So-net無料ブログ作成

漱石と倫敦ミイラ殺人事件 [島田荘司]

島田荘司さんがミステリー文学大賞受賞された記念の出版。総ルビで登場です!
オリジナルは1984年。
実在の人物夏目漱石とあの名探偵シャーロックホームズが出会うという夢の物語です。

事件の怪奇性や不思議さはまさにコナン・ドイルの聖典を読んでいるかのような
感じでした。
その謎解きもまさにホームズそのもの。
ラストはちょっぴり感動させる展開となっていて、これがまたいい。

しかしなんといっても本作の魅力はワトソンの視点と漱石の視点の両者の視点から
描かれたホームズ像のあまりの食い違い!!(笑

自分の推理が外れると拳銃をぶっ放すホームズ。
揉み手やあからさまに変装がばれているホームズ。
推理が悉く外れ、最後は地面に落ちてしまうホームズ・・・
なんて情けないんだ!
漱石視点で描かれるホームズはどうしようもない人物で
なんとモリアーティ教授もワトソンが生み出した架空の人物だと言うのです。
ま、最後地面に落ちて頭を打ったはずみで元に戻るんですがね(笑

一方ワトソン視点では我々の知っているホームズそのものです。
果たしてどちらが正しいのか?これが僕にとっては最大の謎です。
わからん。どう考えてもわからん(笑

ホームズパスティーシュとしても、本格ミステリとしても
充分に楽しめる作品だと思います。
ぜひご一読あれ。


漱石と倫敦ミイラ殺人事件 (光文社文庫)

漱石と倫敦ミイラ殺人事件 (光文社文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/03/12
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0