So-net無料ブログ作成

摩天楼の怪人 [島田荘司]

ニューヨーク・マンハッタンの高層アパートにて、
死の床にある大女優ジョディ・サリナスは半世紀近く前の殺人を告白した。
しかしそのアリバイは完璧であり、不可能犯罪に思われたのだが・・・・
彼女の言うファントムとは?そしてこの摩天楼で起こった数々の事件の真相とは?
彼女と謎の解明の「賭け」をした若き御手洗潔は、
一連の謎を解くことができるのか?

御手洗21歳の時の活躍を描く本作。
過去と現在を行き来する体裁となっており、
過去の事件は一連の事件を担当した刑事サミュエル・ミューラーの視点で語られます。

はっきり言って僕はこれは一体どう御手洗は合理的説明をつけるのか
ホントに読めば読むほど気になって気になって仕方ありませんでした。

謎のメモ、老刑事からの話・・・これらから組み立てられる御手洗の推理そして
真相は非常に鮮やかです!
ある意味本作は人類の発展の歴史とも関わっていて、
まさに盲点を突かれたトリックだったなと感じました。

今wikiを見たのですが、御手洗は今年で61歳。
う~ん、年をとったなあ・・・
今後もその活躍を期待したいですね。


摩天楼の怪人 (創元推理文庫)

摩天楼の怪人 (創元推理文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2009/05/30
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0