So-net無料ブログ作成

迷路館の殺人 新装版 [綾辻行人]

ミステリのカテゴリはこの記事で200記事目。
別に記念てわけじゃありませんが、
積み重ねてここまできたなあとふと思いますね。

さて本作は前にもすでにこのブログにて
紹介しています。
今回は新装版が出ましたので、
改めて。

本作は作中作の体裁をとっていることが、
まず第一の大きなトリックでしょう。
それは読者へも、そして犯人へも
トリックを仕掛けてるってのが
さらにおもしろいところですね。

秘密の通路が登場するんですが、
ちょっと安易ではあります。

首を切断した理由、流れていた血の正体。
おもわずなるほどなあと思ってしましました。

「島田潔」最後の事件(苦笑)、新装版になった
今からでも、ぜひお読みください。


迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)

迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/11/13
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 1

コースケ

Yuseum様、nice!ありがとうございます☆
by コースケ (2009-11-24 00:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0