So-net無料ブログ作成

晩夏に捧ぐ-成風堂書店事件メモ(出張編)- [大崎梢]

本格書店ミステリの第2弾が文庫にてついに発売。
シリーズ初の長編かつ番外編というちょっと不思議な作品です(笑

杏子の元に元同僚の美保から届いた一通の手紙。
それは彼女が勤める地元の老舗書店「まるう堂」に
幽霊が出没し、書店の存亡が危ぶまれているという
内容だった。
さらにそこには地元で起きた27年前の事件が
関係しているのではと噂が拡がって・・・
書店員杏子と本屋探偵(?)多絵は「まるう堂」
の危機を救うため信州へと赴くのだった。

書店に関するあれこれの話が相変わらずてんこ盛り。
「まるう堂」、本当に実在していたらぜひ行きたいです。

事件は27年前の事件の真犯人を突き止める
のが目的ですが、
犯人とされた小松秋郎の人物像を徐々に明らかにしていく
過程の方が読み応えがありますね。
ただ、最終的に明らかになった事が少しあっさりしていた、
(内容そのものはかなり重いのですが)
感があるんですよね。
作品としてどこに重点を置くのかがちょっと
曇ってしまったような気がしました。
喜多山や亜矢子、秋郎・・・
かれらの内面がもっと描かれると
よかったとあくまで個人的には思います。
まあ古すぎる事件ですから、
見事に解いた多絵はさすがなんですが(苦笑

多絵がなぜこの成風堂でバイトしているのか
など、そうした話も盛り込まれている所は
よかったと思います。
今後のシリーズにも期待したいです。


晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)) (創元推理文庫)

晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)) (創元推理文庫)

  • 作者: 大崎 梢
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2009/11/10
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0