So-net無料ブログ作成

乱鴉の島 [有栖川有栖]

火村英生シリーズ4年ぶりの長編。
そして舞台は絶海の孤島・・・
期待せずにはいられない作品、ついに文庫化です。

犯罪社会学を専攻し、事件現場へもフィールドワークと称し、
警察の捜査を手伝い事件を解決する、
彼の名は火村英生。
英都大学社会学部の准教授である。

下宿先のばあちゃんから、少しは骨休めしなさいと
言われ、友人の推理作家有栖川有栖とともにやってきたのは
無数の鴉が飛ぶ島、烏島に間違って上陸してしまう。

そこで彼らを待ち受けていたのは
高名な老詩人と彼の別荘に集まる、老詩人を慕う人々。
しかしどことなく違和感を感じた火村とアリス。
彼らはこの何もない島に、何のために集まっているのか?

そして起こる連続殺人。
電話線は切断され、外部との連絡もとれなくなった・・・
犯人は誰なのか、そしてその目的とは?
火村が烏島に潜む「魔」に挑む。


本作は良い意味で、我々の期待を裏切ります。
まずこの舞台設定から、
<孤立した館>ミステリを当然想像すると思いますが、
実はそうしたミステリでは全くないのです。

館に集う人々が抱える謎、あるいは闇と、
殺人事件、これの連関性は全くありません。
もちろん、そのきっかけは当然とある人物がその集いの
中にいたからこそ起きた、と言えるので、
完全にないとは言い切れませんが。

物語のクライマックスは火村のまさに、
堅実で、堅い、詰め将棋のような推理に大幅な
頁が割かれます。
ここは読み応え十分。
事件としては非常にありふれた事件、としながらも
この集いを含め、奇妙な事件と表現した火村。
この集いの真の目的も火村は見事な推理を魅せます。

個人的には電話線が切断された理由。
これが素晴らしいと感じました。
孤島モノなどでは嵐で電話線が切断されるとかが
その理由に本当によく挙がりますが、
今回、なぜ電話線が切断されたかはまさに合理的な理由
だったと思います。

あとがきにて有栖川さんが書かれてますが、
いつか、火村シリーズで、嵐の山荘モノを読める日が
来るのも期待したいです。


乱鴉の島 (新潮文庫)

乱鴉の島 (新潮文庫)

  • 作者: 有栖川 有栖
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/01/28
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 1

コースケ

Yuseumさま、nice!ありがとうございます!!
by コースケ (2010-03-09 00:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0