So-net無料ブログ作成

十角館の殺人<新装改訂版> [綾辻行人]

現在に至る新本格ムーブメントの出発点であり、
ミステリ界において、「綾辻以降」という言葉を
生み出した、まさに新本格の聖典的作品。

なんと、ワタクシ初読です(汗)
シリーズものの第一作は実はあんまり読んでなくて、
本当に恐縮です・・・(梨元さん的に)
今回、「びっくり館の殺人」が文庫化したのを
契機に一緒に購入しました。

内容は紹介するまでもないでしょう。
角島を訪れた大学ミステリ研のメンバー。
そこには建築家・中村青司が建てた
十角館、そして彼が焼死した青屋敷の残骸が・・・
そして起こる連続殺人。
犯人は一体誰なのか?
そして本土では、島田潔なる人物が
中村青司による半年前の事件を調べていた・・・

個人的に意外だったこと。
てっきり島田潔は島へ行っているかと思ってましたが、
違うんですねえ(笑
そして、本事件を島田が完全に見抜いていたのかは
実のところ不明です。
彼よりも、<エラリィ>の方が探偵役を
しっかり勤めていた気がします。
犯人すら知り得ない所まで到達してましたから。

第1の被害者、犯人、探偵などミスリードをさせる
かのようなプレート。
足跡のトリック、隠し部屋・・・
読者を楽しませる要素がふんだんに
盛り込まれています。

旧版の鮎川哲也氏の解説は必読。
今の世の中では考えられないような事態が
起こっていたのですねえ・・・
それを思うと、我々とても幸せです。

今読むと、驚愕の結末というほど、
犯人にインパクトはありませんが、
(それだけ意外な犯人、というジャンルのミステリが増えた)
館シリーズ、あるいは新本格好きな方は
まずは読んでおきたい作品です。



十角館の殺人 (講談社文庫)

十角館の殺人 (講談社文庫)

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1991/09
  • メディア: 文庫



十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/10/16
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 2

コースケ

もりん様、nice!ありがとうございます!!
by コースケ (2010-08-30 17:18) 

コースケ

Yuseumさま、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2010-08-31 22:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1