So-net無料ブログ作成

戦後政治史 第三版 [読書]

新年1冊目の本関係はこれで。

以下はAmazonさんの紹介ページから
自民党から民主党へ――2009年9月、戦後政治史上初の本格的な政権交代が実現した。
だが、「政治主導」による事業仕分けなど大胆な政策転換への国民の期待が高まったものの、
沖縄・普天間基地、政治資金、消費税などでたちまち迷走、混迷が深まった。
衆参両院の全選挙結果も収めた定評ある通史に小泉政権とその退場後の激変を増補した最新版。

第二版も僕は持ってまして、去年第三版が出たので、こちらも購入しました。

詳細は解説を読んで頂くとわかりますが、本書はいわゆる「通史」です。
筆者の考え・意見などは極力省かれ、まさに政治史の教科書です。
そうした意味で、非常に本書は日本戦後政治を振り返る上で大変
貴重な、そして重要な本だと思います。

今年もすでに「政局」がありそうですよね・・・第四版が出る頃には、
果たしてどうなっているのか・・・


戦後政治史 第三版 (岩波新書)

戦後政治史 第三版 (岩波新書)

  • 作者: 石川 真澄
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2010/11/20
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0