So-net無料ブログ作成

女王国の城 [有栖川有栖]

満を持して(苦笑
第8回本格ミステリ大賞、このミステリーがすごい!2008年版第3位、
2008年本格ミステリベストテン第1位など
多くのランキングで称賛された作品。
そして15年振りの江神二郎と英都大学推理研究会の帰還!

以下はAmazonさんの紹介ページから(クライムクラブのです。)
舞台は、急成長の途上にある宗教団体“人類協会”の聖地、神倉。
大学に顔を見せない部長を案じて、
推理小説研究会の後輩アリスは江神二郎の下宿を訪れる。
室内には神倉へ向かったと思しき痕跡。
様子を見に行こうと考えたアリスにマリアが、
そして就職活動中の望月、織田も同調、四人はレンタカーを駆って木曾路をひた走る。
“城”と呼ばれる総本部で江神の安否は確認したものの、
思いがけず殺人事件に直面。
外界との接触を阻まれ囚われの身となった一行は、
決死の脱出と真相究明を試みるが、その間にも事件は続発し…。

誰もが待っていた江神シリーズ。
そして舞台は新興宗教の本拠地。
ワクワクしない訳がない!
なおネタバレも含みますのでご注意を。


密室トリック、そして凶器をいかにして持ち込んだのか?
これが最大の謎ですが、
江神はこれを現在の世界だけでとらえることなく、
過去の世界をも考えて、見事に論破します。
今はみんな大人だが、かつては子どもだったという、
江神の言葉と、15年前の不可思議な事件をも
一挙に解明する江神の推理はさすがとしか言いようがありません。

個人的には、さらにその先。
なぜ教団は警察を呼ぶことを拒み続けていたのか?
この謎を、人が警察を接触したがらない事情、という観点から
看破した、自分たちが置かれているこの<城>の異常事態をも
見抜いた事が素晴らしい。

江神の推理の最中、ギャラリーたちは遠慮することなく
次々疑問を江神にぶつけます。
これはなんか腹が立ちましたが(笑
動揺することなく、1つ1つを丁寧に説明した江神さんはさすが(笑

犯人を指摘し、その犯人に動機を語らせる時の
江神は、まさにかつて自分たち家族が<予言>
によって引き裂かれてしまったつらい過去を
重ね合わせていたのでしょうか。

そして最後に明かされる江神が神倉を訪れた本当の理由。
この出会いにより、彼への<予言>に変化が現れる
のでしょうか。

上下巻に分冊されていますが、そんな長さを感じさせない。
有栖川有栖さんの存在こそが、現在の新本格ないし本格ミステリは
安心できるとさえ思わせる作品。
未読の方は、ぜひ読んでみて下さい。

次作は短編集との事。とても楽しみです。

女王国の城 上 (創元推理文庫)

女王国の城 上 (創元推理文庫)

  • 作者: 有栖川 有栖
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2011/01/26
  • メディア: 文庫



女王国の城 下 (創元推理文庫)

女王国の城 下 (創元推理文庫)

  • 作者: 有栖川 有栖
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2011/01/27
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 3

月夜のうずのしゅげ

はじめまして!
12月から見せていただきました。
全く知らなかった本を知ることができ嬉しいです。
by 月夜のうずのしゅげ (2011-02-23 08:03) 

コースケ

月夜のうずのしゅげ様、nice!&コメントありがとうございます。
見て頂いているとの事、ありがとうございます。
感謝感謝。

これからも時折お寄り下さい!
by コースケ (2011-02-23 21:19) 

コースケ

kterada様、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2011-03-21 23:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0