So-net無料ブログ作成

ガリレオの苦悩 [東野圭吾]

TVドラマで登場した内海薫が初登場する作品。
前作までワトソン的役割だった草薙も登場しますが、
やや影が薄い。

ところで、湯川准教授は最初の話を読むと、
警察に協力する事にかなり否定的になっていたようです。
やはり「Xの献身」事件の影響なんでしょうかね。

オススメは「操縦る」
不幸な人はいるんだけども、ラストが良いんですよね。
この湯川は好きです。

「聖女の救済」も同時刊行された(単行本として)ので、
そのうち文庫化されますかねえ。


ガリレオの苦悩 (文春文庫)

ガリレオの苦悩 (文春文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2011/10/07
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 2

黒千鳥。

私は「聖女の救済」から読んでしまったのですが、「ガリレオの苦悩」は短編集なんですね。
そして最初の話では警察に協力することに否定的になっているのなら、やっぱりこちらを先に読んだほうが良かったんですよねきっと。
少し唐突というか内海さんももう顔見知りだったりするので読んでビックリしました。
「ガリレオの苦悩」も読んでみます!
by 黒千鳥。 (2011-12-27 18:52) 

コースケ

黒千鳥。さま、nice!&コメントありがとうございます!

ああ、なるほど、「聖女の救済」後が「苦悩」なんですね~
ようやく納得しました。

「苦悩」は短編集です。
「探偵ガリレオ」や「予知夢」と同じです。
ぜひぜひ読んで見て下さい!
by コースケ (2011-12-28 00:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0