So-net無料ブログ作成

三毛猫ホームズの十字路 [赤川次郎]

文庫版の三毛猫ホームズ最新作。
まずは光文社さんからの紹介ページから。

友人・絵美の別れ話に立ち会った晴美。男は意趣返しに絵美のアパートに爆弾を仕掛けた。
巻き添えをくった晴美は目が見えなくなってしまう。片山は犯人の母親を尾行し、団地に行き着く。
そこでは、幼女を襲う犯罪が多発していた。団地をパトロール中の元刑事が、誤って無実の男を殺してしまう。
さらに爆破犯の姉が死体で発見され……。様々に交錯する事件の結末は!?
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334763916

ふとした事や出会い、きっかけでその人や周囲の人々がこれまで
歩いてきた人生とは別のベクトルへ向けて歩き出す、
そして、そんな人々が交錯し・行き交う、まさに十字路が
見事に描かれています。

今回晴美が一時的にではありますが、眼が見えなくなってしまうという
ハンデを背負ってしまいます。
そして実はホームズも晴美に付きっきりで事件にはそれほど関与できず。

ホームズの物語であるけれども、
実際は、この十字路に足を踏み入れた人たちにより
物語は進行し、そして結末を迎えます。

片山兄妹の優しさは相変わらず。
久保崎の母親、刈屋しのぶ、下河らはそれぞれの出会いや出来事に
よって自身の歩みが変わりますが、
下河以外は哀しい結末を迎えてしまいます。
「どこかでみんな、道に迷うんだわ」という晴美の言葉が印象的。

ところで下河のお話はちょっと消化不良でしたねえ。
病院での偶然の出会い、その後どうなったのか、推して知るべしなのかなあ。


三毛猫ホームズの十字路 (光文社文庫)

三毛猫ホームズの十字路 (光文社文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2012/03/13
  • メディア: 文庫



nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 3

コースケ

Yuseumさま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2012-03-29 00:21) 

コースケ

おきぬ様、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2012-03-31 22:19) 

コースケ

のりたま様、nice!ありがとうございます!!
by コースケ (2012-06-29 22:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0