So-net無料ブログ作成

時鐘館の殺人 [今邑彩]

中公文庫で復刊&文庫刊行される今邑作品。
毎月楽しみにしてます。

さて本作はミステリー短編集と銘打っていますが、
「生ける屍の殺人」「隣の殺人」「あの子はだあれ」「恋人よ」の4編は
ミステリー色の濃いホラーかなと。
「生ける」は最後がまさにホラー。結局真相はわからぬまま。
「隣の殺人」は違う視覚からのホラーです。
「あの子」は悲しいホラー。全ては主人公とその弟の想像でしか
ありませんが、その想像は間違いであってほしい。

「恋人よ」は洒落怖やホラーテラーに絶対ありそうな話。
実際やられたら怖すぎ。

さてそんなホラー短編集の様相が強い気がしますが、
おおミステリだ!と言わしめるのが「時鐘館の殺人」でしょう。
本格謎解きミステリ+メタ小説という二つの要素で非常におもしろい。
そして、問題編には実は大きな重大なミスがあり、真犯人が別に居るのだという、
読者からの投書が届きます。
そして、描かれる真の解答編とは?
そして最後のメタで明かされる衝撃の真実(苦笑

この「時鐘館」は本当に一読の価値あり。
問題編を読んで、ミスリードの真相と真の真相の双方を
見破る事が果たしてできるのか?
ぜひ挑戦してみてくださいませ。


時鐘館の殺人 (中公文庫)

時鐘館の殺人 (中公文庫)

  • 作者: 今邑 彩
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2012/05/23
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 1

コースケ

sam00さま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2012-06-29 22:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0