So-net無料ブログ作成

動機、そして沈黙 [西澤保彦]

西澤保彦さんのノン・シリーズ短編集第2弾。
「腕貫探偵」の作風とはまた違った西澤さんが楽しめます。

時効直前となった「平成の切り裂きジャック」事件、
定年目前の刑事がふと妻と戯れに推論を重ねていくうちに、
とある恐ろしい推論が導き出される・・表題作「動機、そして沈黙」

表題作は安楽椅子探偵モノに近いですが、
真相は結局わからず、この刑事にとっては一生嫌な思いを
持ち続けていくことになるんでしょうねえ・・・

「未開封」「九のつく歳」は妄執に括ってよいのかなあ。
特に後者はどこからどこまでが現実なのか、判別が難しい。
主人公のストーカーが結果的には事件を暴き出すという皮肉。

読了後、「パズラー」も購入しました。
こちらもそのうち掲載予定。



動機、そして沈黙

動機、そして沈黙

  • 作者: 西澤 保彦
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2009/07
  • メディア: 単行本



動機、そして沈黙 (中公文庫)

動機、そして沈黙 (中公文庫)

  • 作者: 西澤 保彦
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2012/11/22
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 1

コースケ

sakayanさま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2012-12-22 23:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0