So-net無料ブログ作成

神苦楽島 [内田康夫]

浅見光彦シリーズの中でも独特の雰囲気を持つ「島」シリーズ。
本作は浅見シリーズの中でもかなり異色作だと僕は感じました。
まずはAmazonさんの紹介ページから。

ついにケータイを購入すべく、秋葉原を訪れた浅見光彦。その帰路、若い女性が彼の腕の中に倒れ込み、
そのまま絶命してしまう。淡路島出身の彼女は、故郷の禁忌を破ったことを気にしていたという。
古事記に「国生み」神話を残す淡路へ、引き寄せられるように赴いた光彦は、
事件の背後に巨大な闇が存在することに気づく―。

事件解決の鍵が一本の「道」にあると察した浅見光彦は、テレビ記者の松雪真弓とともに伊勢へと向かう。
真相に近づき、淡路に戻った二人を出迎えたのは、新たな死体だった。
民間信仰、政治家と大企業の癒着、新興宗教―。
すべてがひとつにつながったとき、戦慄の事実が浮かびあがる。

プロローグにおいてある程度の事がわかる読者としては、
その後起こる二人の殺人事件が、いつ結びつけられるのかが
もどかしいのではないかと思います(というか僕はもどかしかったです・笑)

今回は非常にオカルト的な要素が浅見シリーズとしては珍しく登場し、
かつ相手が新興宗教という、巨大な相手。
最後にあっと思わせる展開になっていたのがさらに良い味を出してます。

しかしついに携帯を持ちましたか。
そしてこれが見事に本作限りではありますが、あるトリックに繋がるという。


神苦楽島 上 (文春文庫)

神苦楽島 上 (文春文庫)

  • 作者: 内田 康夫
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/11/09
  • メディア: 文庫



神苦楽島 下 (文春文庫)

神苦楽島 下 (文春文庫)

  • 作者: 内田 康夫
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/11/09
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0