So-net無料ブログ作成

ぼくの「このミス」2012 [ミステリ]

まだ読了で未エントリの本もありますが、
書ききれないので今年の締めくくりを(笑

順位は特に付けませんが、今年僕が読んだ中で
お気に入りのものをいくつか。

島田荘司「透明人間の納屋」
透明人間、理想の国、そして密室トリック。
その全てが最後に一気に氷解していきますが、
時事的内容も含んでおり、驚きました。

今邑彩「時鐘館の殺人」
表題作がオススメ。メタ的要素もありとてもおもしろかったです。

二階堂黎人「智天使の不思議」
名探偵水乃サトルとしては問題ありな作品ですが、
本格ミステリとしては群を抜いていると思います。
「容疑者Xの献身」に対する二階堂さんの一つの解答が示された
作品とも考えられます。

田中啓文「猿猴」
ミステリなのかと言われたら微妙ですが、
伝奇・ミステリ・駄洒落の田中要素がほぼ全て詰まった作品。
ラストがまた驚きの終わり方なのもよかったです。

西村京太郎「殺しの双曲線」
これ今年のエントリ記事にはないのですが、
今年新装版が発売され、僕も改めて購入し読んだのです。
(以前記事はエントリしたので今回は割愛)
未読の方はぜひ読んで貰いたい作品です。
西村京太郎さんのすごさがわかる一編となっています。

今年もありがとうございました。
来年またお会いしましょう(笑


透明人間の納屋 (講談社文庫)

透明人間の納屋 (講談社文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/08/10
  • メディア: 文庫



時鐘館の殺人 (中公文庫)

時鐘館の殺人 (中公文庫)

  • 作者: 今邑 彩
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2012/05/23
  • メディア: 文庫



智天使の不思議 (光文社文庫)

智天使の不思議 (光文社文庫)

  • 作者: 二階堂 黎人
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2012/03/13
  • メディア: 文庫



猿猴 (講談社文庫)

猿猴 (講談社文庫)

  • 作者: 田中 啓文
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/05/15
  • メディア: 文庫



新装版 殺しの双曲線 (講談社文庫)

新装版 殺しの双曲線 (講談社文庫)

  • 作者: 西村 京太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/08/10
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 2

コースケ

31さま、nice!ありがとうございます!
本年もどうぞよろしく御願いいたします。
by コースケ (2013-01-02 22:10) 

コースケ

ミナモさま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2013-01-05 21:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0