So-net無料ブログ作成

教室の亡霊 [内田康夫]

浅見光彦が教育現場へ。
これまでの作品にない新たな試みですが、
事件の謎そのものはある種教育現場では「王道」なのかもしれません。

この物語に書かれている話は大分での事件がヒントに
なっていると著者自身が述べています。

今回は光彦が全く未知の世界へ入っていくという事で、
事件そのものより、光彦自身の教育界への見方とか
思いとか、そんなのが描かれていたのがおもしろかったですね。

しかし久々に浅見家で「浅見祐子」の名前が出たなあ・・・


教室の亡霊 (中公文庫)

教室の亡霊 (中公文庫)

  • 作者: 内田 康夫
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2013/05/23
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0