So-net無料ブログ作成

一日だけの殺し屋 [赤川次郎]

かつて角川文庫から発売された短編集を
徳間が復刊した一冊。
どの世代、どの時代が読んでも、楽しめる、それが赤川次郎先生の
作品だと思います。

「闇の足音」はとても切なく悲しい一編。
最後に刑事が見せた優しさ(哀れみ)が少しは救いです。

「探偵物語」は勝ち気な女性とダメ男という、赤川先生王道
パターンの一作。

「脱出順位」、主人公の過去と現実が交差する作品。
最後がとても清々しく終わります。社長が良い。

「特別休日」はもう、普通に実社会、そして現在でもありそうなお話。
休み明けに机がなかった・・・という話もありますから・・・

表題作はそっくりすぎて間違えられた男の物語。
赤川先生の作品には殺し屋が多く出てきますが、
どこか憎めず、そして完全悪でないんですよね。
この作品も実際に人が死んでしまうのですが、最後は
大団円になっています。

最初に刊行されたのが1981年。そんな古さを感じさせない、
もうこれは赤川次郎作品最大の持ち味なのかもしれません。


一日だけの殺し屋 (徳間文庫)

一日だけの殺し屋 (徳間文庫)

  • 作者: 赤川次郎
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2013/08/02
  • メディア: 文庫



一日だけの殺し屋 (角川文庫)

一日だけの殺し屋 (角川文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1995/12
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 1

コースケ

31さま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2013-08-25 18:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0