So-net無料ブログ作成

風のなかの櫻香 [内田康夫]

久しぶりの浅見光彦シリーズ。
今回は母親の依頼により、尼寺で起きた怪奇
な謎に挑む事に。
まずはAmazonさんの紹介ページから。

奈良の由緒ある尼寺・尊宮寺の養女として迎えられた櫻香は、尼僧・妙蓮たちに大切に育てられた。
尼になることに疑問を抱くことなく育った櫻香だったが、中学生になると不審な事件が相次ぐ。
「櫻香を出家させるな」と書かれた差出人不明の手紙、突然声をかけてきた見知らぬ女性―。
不安を覚えた妙蓮は、浅見光彦に相談を持ちかける。謎に包まれた櫻香出生の秘密を浅見光彦が解く!

舞台設定はとてもおもしろく読めました。
ただ、誘拐そのものが果たして必要だったのかなあ・・・
そこだけが腑に落ちず。
最後も結局殺人事件はどうするのか、わからないまま。

光彦のひらめきは何度となく登場しますが、真犯人へのひらめきは
素晴らしいの一言。

謎めいた女性や男、そして「出家させるな」という手紙、
このあたりはとてもおもしろかったので、最後が少し残念ですね。


風のなかの櫻香 (徳間文庫)

風のなかの櫻香 (徳間文庫)

  • 作者: 内田 康夫
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2014/01/08
  • メディア: 文庫



nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 3

コースケ

ゆきママ様、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2014-01-27 21:31) 

コースケ

makimakiさま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2014-01-29 00:13) 

コースケ

とも~る様、nice!ありがとうございますm(_ _)m
by コースケ (2014-02-01 18:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0