So-net無料ブログ作成

名探偵ポワロ「死者のあやまち」 [テレビ]

NHKのホームページから。

ポワロは旧友の推理作家オリヴァ夫人に呼び出され、田舎の豪邸ナス屋敷に到着する。
1年前に屋敷を購入したスタッブス卿が翌日に祭りを開催することになっており、
地元の人たちも招待されているという。祭りで行う殺人推理ゲームのシナリオを書いたオリヴァは、
嫌な予感がするとポワロに告げる。ゲームで被害者を演じるのは地元の少女マーリーン。
しかし祭り当日、オリヴァの不安が的中し、マーリーンが本当に殺されてしまう!

今回は原作の内容はまず措くとして、
最初のポワロが車でナスの館に向かう途中、相乗りになる外国人に
見せた表情や、うっそうとした森の中をめんどくさそうに進むポワロ、
赤ちゃんの人形をまさか当ててしまい、持たずには居られないがなんともいえない
評定のポワロなど、このTVシリーズの見所でもあるポワロのこうした面が
久しぶりに見る事ができて、よかった。

襲われた時の練習をするオリヴァ夫人(笑
迷惑きわまりないですね。

物語はマーデル老人の「フォリアット家は不滅」という発言が全て。
最後にポワロも述べますが、老人が実のところ全て見抜いていた訳です。

一人二役のトリックはさすがだなあと。
最初にポワロと相乗りしてきた「外国人の女性」やスタップス卿のちょっとした演技から
見事に騙されてしまっていました。

類似、というのが適切かどうかわかりませんが、ファイナルシーズン第1作の
「象は忘れない」なんかもこれに近いトリックのような。

最後ポワロは犯人たちに自ら罪を償う事をあえて選択させています。
う~ん、ポワロらしからぬ感じです。原作はどうだったかな。

来週はついに「ヘラクレスの難業」
原作は「ヘラクレスの冒険」ですが、どの話になるのかなあ。


死者のあやまち (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

死者のあやまち (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 作者: アガサ クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 文庫



死者のあやまち (クリスティー文庫)

死者のあやまち (クリスティー文庫)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2003/11/30
  • メディア: Kindle版



名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 5

名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 5

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD



nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 3

コメント 4

Yuseum

コースケさん、こんにちは(^^)
『死者のあやまち』はポワロさんの1つ1つの仕草がポワロさんらしくて、その部分も楽しめました♪
『ヘラクレス〜』はどうなるのでしょうね??
by Yuseum (2014-09-23 15:33) 

コースケ

31さま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2014-09-24 20:18) 

コースケ

Yuseumさま、nice!&コメントありがとうございます!

仕草は良かったですねえ、あれこそポワロというか(笑

ヘラクレスは連作短編集をいかにしてまとめたのかが気になります。
そしてカーテンへの布石はあるのかどうか。


by コースケ (2014-09-24 20:25) 

コースケ

げいなう様、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2014-09-30 20:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0