So-net無料ブログ作成

シャーロック・ホームズ 神の息吹殺人事件 [シャーロック・ホームズ]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

新世紀の幕開け直前のロンドン。人々を恐怖させ、大混乱に陥れたその事件は、
宵のうちから降りだした雪が風に舞うなかで始まった。
翌朝、一人の男の死体が発見された―体中の骨が砕け、青あざだらけで膨張した、見るも無惨なもの。
しかし、周囲には足跡ひとつなく、ましてや凶器もなかった。
まるで空気、いや“神の息吹”に殺されたかのようだった…。
このあまりにも“不自然な死体”の謎がシャーロック・ホームズのもとに持ち込まれた。
相談にやってきたのは、“心霊医師”の異名をとるジョン・サイレンス博士。
うさんくさげな人物に難色を示すシャーロックだったが、
「事件はこれだけでは終わらない」、と告げられ相棒のワトソンと共に、
“神の息吹”の謎を解明すべく行動を開始する。
それはロンドン中を巻き込む、大事件の始まりだった…。

ホームズのパスティーシュものは単行本等では結構出ているかと
思いますが、文庫化までいくのはあまりないと個人的に思っています。

創元推理文庫のジューン・トムスンの一連のシリーズは非常に有名だと
思いますが、それ以外だとなかなかないですね。

本書作者のガイ・アダムス氏は、スペイン在住の俳優経験もある方との事。
すでに第2作目も上梓されているようです。

本作はかなりオカルト色が強い作品になっています。
ワトソンが体験する「経験」はどう読んでもオカルト的解決しかないんじゃないか
と思ってました(笑
ホームズがいかにそれを合理的に解決していくのか、が物語の見せ場です。

ただ、本書を読んで思ったのは、
ホームズものは短編の方がおもしろいのかなという印象。

いわゆる聖典は別として、トムスンのように「語られざる事件」を
短編集形式が良いのかなあ。

本作は同じような現象を結構引っ張って引っ張って、
最後はあっさりな感じで、やや拍子抜け。
ラストに名台詞はでるものの、オカルトか合理的かはやや
ホームズ自身も中途半端です。

この中途半端さは、おそらくは実在の人物を
物語に登場させたことも一因にあるのかもしれませんねえ。

第2作も翻訳されて出版されたら読む予定です。


シャーロック・ホームズ 神の息吹殺人事件 (竹書房文庫)

シャーロック・ホームズ 神の息吹殺人事件 (竹書房文庫)

  • 作者: ガイ・アダムス
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2014/09/25
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 3

コースケ

makimakiさま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2014-10-23 21:28) 

コースケ

makimakiさま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2014-11-25 23:08) 

コースケ

31様、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2014-11-25 23:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0