So-net無料ブログ作成

さよならの手口 [若竹七海]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

探偵を休業し、ミステリ専門店でバイト中の葉村晶は、
古本引取りの際に白骨死体を発見して負傷。
入院した病院で同室の元女優の芦原吹雪から、
二十年前に家出した娘の安否についての調査を依頼される。
かつて娘の行方を捜した探偵は失踪していた―。

今年読んだミステリの中でも相当上位に入る作品。
葉村晶シリーズは未読でしたが、このキャラは好きだ。
過去作も是非読んで見たいです。

失踪人といえば聞こえはいいですが、状況から
考えれば、おそらくは亡くなっている・・・だろうなという感じから、
また依頼人の姪からもそれとなく調査を・・・という話。

しかし葉村自身は調査を進めていく上で、自分がこの仕事を
好きであることを改めて認識させられていきます。

20年前に芦原志緒利を調査した探偵岩郷克仁の調査書は
ほぼ完璧であったにも拘わらず、彼は失踪してしまった。

さらにナニカの事件を追っているようなイヤミな当麻警部が
登場し、彼女にスパイをせよという。
探偵業法違反をちらつかせつつ。

失踪人探しから始まった葉村の「探偵」復帰最初の仕事は、
さらなる失踪人探しと裏カジノの一斉摘発に係る関係者スパイ。
そして20年の間に失踪人芦原志緒利の元から消えている関係者探し・・・・

最初遺品整理で死にそうな目にあった葉村でしたが、
その後も次々と死にそうな目にあっています(笑

葉村自身は名探偵というよりも、まさに「調査員」という感じ。
全てを見通す、というより、推理し調査し、推理に誤りがあればそれを
軌道修正し、さらに調査を進めていく、堅実に調査を進め、事実と推理とで
真実を暴いていきます。

ラストは実のところは、あまり鮮やかな解決には至っていません。
救いは岩郷さんが発見された事くらいでしょうか。

しかしミステリ書店店主の富山が最後に明かしたとある件は、
僕の中で彼を大きく見直すきっかけとなりました(笑

彼女の「探偵」業が「合法」で出来る事になったので、
今後の活躍も是非読んでみたいものです。


さよならの手口 (文春文庫)

さよならの手口 (文春文庫)

  • 作者: 若竹 七海
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2014/11/07
  • メディア: 文庫



さよならの手口 (文春文庫)

さよならの手口 (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2014/11/10
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 3

31

コースケ さん、こんばんは。
葉村晶シリーズはハズレがないように思います。
「さよならの手口」も楽しみにしています。
「悪いうさぎ」もおすすめですよ。

by 31 (2014-12-07 18:33) 

コースケ

31さま、nice!&コメントありがとうございます!
オススメですから是非!早くこの面白さを共有したいです(笑

「悪いうさぎ」も今度読んでみます。
by コースケ (2014-12-07 21:43) 

コースケ

makimakiさま、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2014-12-07 21:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1