So-net無料ブログ作成

東尋坊マジック [二階堂黎人]

水乃サトル<社会人編>シリーズ文庫本では最新作。
まずはAmazonさんの紹介ページから。

旅行代理店勤務の名探偵・水乃サトルは、女性部下の由加理と東尋坊で銃殺事件に遭遇。
犯人は姿をくらました。東尋坊事件に臨むサトルと馬田警部の前に、新たな猟奇事件が立ちはだかった。
過去20年にわたり、女性を手にかけてきた絞殺魔が、四番目の犯行を起こしたのだ。
常人離れしたサトルの推理力で、20年以上も不明だった事件の真相は突き止められるのか!?

前作「鬼蟻村マジック」になぜか美並由加理が登場せずでしたので、
久しぶりに由加里視点からの物語。
観光ツアーの下見に来ていて殺人事件に巻き込まれたサトルが
20年前に発生した<冥妖星>事件の謎をも解き明かす。

東尋坊での事件はイラスト入りのトリック解説で、気合が入ってます。
物語の中では「軽井沢マジック」の事もふられたりしていて、
シリーズもずいぶんと続いているなあと思ったり。

ところで前も書いたかもしれませんが、
水乃サトルは奇想天外な行動や膨大すぎる知識と、完全に変人なのですが、
やはりどこか浅見光彦を思い起こさせるんですよね。

本作ではラストにある驚愕の事実が明らかにされ、
シリーズの分岐点になるのではないかと思います。

それと本格ミステリとしてみた場合、
社会人編よりも学生編のサトルの方がより本格の色合いが強いとも
感じました。
奇跡島の不思議や宇宙神の不思議などはかなり本格色が強く、
デビュー作・奇跡島は絶海の孤島にイカダで登場するという奇抜
な登場でしたしね。

学生編の続編も待ち遠しい。


東尋坊マジック (実業之日本社文庫)

東尋坊マジック (実業之日本社文庫)

  • 作者: 二階堂 黎人
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2014/12/05
  • メディア: 文庫



東尋坊マジック

東尋坊マジック

  • 作者: 二階堂 黎人
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2011/08/18
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

コースケ

ユウ様、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2015-01-14 20:06) 

コースケ

31さま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2015-01-20 00:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0