So-net無料ブログ作成

御手洗潔と進々堂珈琲 [島田荘司]

新潮文庫nexという新レーベルで二冊同時刊行された
御手洗潔シリーズの1編。
「ロシア幽霊軍艦事件」は角川文庫版を購入しよう(?)と
考えており、本巻のみ購入。

まずはAmazonさんの紹介ページから。

京都の喫茶店「進々堂」で若き御手洗潔が語る物語(ミステリー)。進々堂。
京都大学の裏に佇む老舗珈琲店に、世界一周の旅を終えた若き御手洗潔は、日々顔を出していた。
彼の話を聞くため、予備校生のサトルは足繁く店に通う――。
西域と京都を結ぶ幻の桜。戦禍の空に消えた殺意。チンザノ・コークハイに秘められた記憶。
名探偵となる前夜、京大生時代の御手洗が語る悲哀と郷愁に満ちた四つの物語。
『進々堂世界一周 追憶のカシュガル』改題。

カテゴリーをミステリとしていますが、ミステリではありません。
御手洗潔が放浪してきた中で体験した話を集めた短編集です。

オススメは「追憶のカシュガル」。
老人がなぜカシュガルで他の皆から避けられ、疎まれているのか、
植民地化時代の老人からの話と最期にそれが明かされます。

ところで石岡さんポジションである浪人生のサトルは
この後どうなるんでしょうかねえ?他作品でも出てくるのかな。

初期御手洗が変人で描かれ、その後超人として変容していきましたが、
本作御手洗は名探偵になる前ですが、まあやはりどこか人生というか、
世界というか色々と超越している雰囲気を出しています。
ただ知識はまだあまりないようで(苦笑

御手洗潔シリーズがフジテレビで映像化されましたが、
あれはちょっと驚きましたね。

かつて島田荘司先生は、どの小説か失念しましたが、
あとがきにおいて「御手洗潔の映像化は断っている」という事を書いていたので。
Twitterでもドラマをチェックしており、次も同様キャストで御願いしたいとか。
島田御大も当時とは気持ちが変わったのでしょうねえ。



御手洗潔と進々堂珈琲 (新潮文庫nex)

御手洗潔と進々堂珈琲 (新潮文庫nex)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/01/28
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 1

コースケ

31さま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2015-03-22 23:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0