So-net無料ブログ作成

猫柳十一弦の後悔 [北山猛邦]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

大学の探偵助手学部に通う君橋と月々は、志望のゼミに落ち、
悪ふざけで出した第3希望の猫柳ゼミ行きが決定してしまう。指導教官は、
功績不明かつ頼りなさげな女探偵・猫柳十一弦(25歳)。
ショックを受ける二人だったが、名門ゼミとの合同合宿が決まり、
勇んで向かった孤島で、本物の殺人事件に遭遇する!

北山さんの新シリーズ。
本ブログでも「城」シリーズや音野順シリーズは
かつて記事で書かせて頂きました。

まずおもしろいのは、架空ではありますが、
探偵になるのではなく、探偵助手になるというのが
本作主人公君橋とその相棒・月々守。
どうやらこの世界では、名探偵になるには
頭脳だけでは駄目そうな感じですね。

そして博士号的なものとして、名探偵号があるようです。
ぜひほしいものです(笑

二人は、大東亜帝国大学探偵助手学部へと入学し、
各名探偵のゼミに属するのですが、
なんと第三希望の猫柳ゼミに二人して入る事に。
そこで人気No1の雪ノ下ゼミとの合同孤島合宿に参加する
事になる猫柳とクンクン、マモル。
なんと孤島では連続殺人が起こってしまい・・・


この連続殺人では、やはり最初と二番目の殺人が見事。
二番目の箱の中の殺人と一番目の杭を打たれた「奇妙な屍体」の
一見関係が薄そうなものが、犯人が実に周到に用意した
舞台装置のようなものだったというのは、本作では愁眉かなと思いました。

ただし物語の設定として、探偵助手学部や名探偵と呼ばれる人たちや
その辺りはほとんど掘り起こされていないのが残念ですね。
ノンシリーズで猫柳が探偵役を務める、でも話としては
成り立ってしまうので、せっかくおもしろい設定なんですから、
もっと活用してもらいたかったと個人的な感想です。

たとえば雪ノ下がどのような経緯で名探偵号を(周囲を騙して)
取得し、(この世界で)大学教員にまでなれたのかとか
さらっと語られますが、いかんせん舞台設定からすると弱すぎる
気がします。

次作もすでに刊行されてますから、そのあたりをちょっと期待。
ところで、音野順の次作はいつ文庫化されるんでしょうか・・・


猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数 (講談社文庫)

猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数 (講談社文庫)

  • 作者: 北山 猛邦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/03/13
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 2

コースケ

makimaki様、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2015-05-02 00:14) 

コースケ

31様、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2015-05-03 00:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0