So-net無料ブログ作成

大阪城殺人紀行 [鯨統一郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

静香・ひとみ・東子の歴史学者三人組は、歴史的名所を歩き、酒と食事を楽しむのが趣味。
豊臣秀頼の妻・千姫の伝説に惹かれてゆかりの地へ観光に来たが、
待ち受けていたのは不可解な事件ばかり!
井戸の底で発見された死体、盗み出された金塊、未亡人をとりまく謎…。
ひらめきの鍵は悲劇の千姫の意外な伝説にあった!?トラベル歴史ミステリー。

「邪馬台国はどこですか?」の早乙女静香
「九つの殺人メルヘン」の桜川東子
「すべての美人は名探偵である」の翁ひとみ

鯨作品でそれぞれ主役(級)の3人が競演する、歴史ミステリ第2弾。

前作「邪馬台国殺人紀行」よりも、楽しめました。
「邪馬台国」の方が、あったと唱えられている場所を訪ね、
より歴史に重点が置かれていたと(個人的に)感じましたが、
本作は、千姫を中心に据えてはいますが、それと事件をうまく
結びつけていて、そこまで歴史に傾いてないのが良かった。


それに3つの話ともにひねりが加えられています。
(特に「姫路城殺人紀行」と「熊本城殺人紀行」)

表題作はどうやって宝石店に侵入したのかなあと、そこが謎でした。

続編も当然出ますよね。期待です。


大阪城殺人紀行 (実業之日本社文庫)

大阪城殺人紀行 (実業之日本社文庫)

  • 作者: 鯨 統一郎
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2015/06/04
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 2

コースケ

makimakiさま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2015-06-29 21:36) 

コースケ

31様、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2015-06-29 21:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0