So-net無料ブログ作成

松谷警部と三ノ輪の鏡 [平石貴樹]

元プロゴルファー横手祐介の殺害を震源に、ゴルフ場経営や融資に携わる関係者、
過去の因縁でつきまとうジャーナリストなど、周辺に複数の死者や行方不明者がいると判明して
事件は一挙に多層化、松谷警部らを翻弄する。巡査部長に昇進した白石もまた、
不可解な状況を解明する決め手を見いだせないまま焦躁の時を過ごすが……。
伏線また伏線、一読三嘆の本格ミステリ。
『松谷警部と目黒の雨』『松谷警部と三鷹の石』に続く、充実のシリーズ第三作。

シリーズ第3弾。
コンスタントにシリーズが刊行されて毎年読めるのは有難いです。

本作では白石以愛巡査が巡査部長に昇進し、さらに結婚もしているという、
まず驚きの描写がなされます(笑
松谷警部も警視への昇進を見送り続け、
山口警部補もそれに合わせて警部への昇進を見送り続けているようで、
当面はこのトリオの(というか、白石以愛の)活躍が読めそうです。

本書も非常に地道な捜査とその過程がじっくり描かれます。
特に驚いたのは、元プロゴルファーの横手のみならず、序盤の段階で、
経費の私的流用に関わっていたと思われる人物たちがみんな
死んでしまうのです。

全てを知っていたと思われた石井の死体が見つかった時から、
白石巡査部長は改めて、最初から推理を組み立て直します。

金魚が窓から捨てられていた意味やダイイングメッセージの本当の意味など、
非常によく練られており、特に犯人が明かされた時はとても驚きました。

白石巡査部長の相棒として登場した三ノ輪署の上原巡査の
空気の読めなさがすごすぎるのも強烈(笑
次作にも登場か?


松谷警部と三ノ輪の鏡 (創元推理文庫)

松谷警部と三ノ輪の鏡 (創元推理文庫)

  • 作者: 平石 貴樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2015/06/12
  • メディア: 文庫



松谷警部と三ノ輪の鏡 (創元推理文庫)

松谷警部と三ノ輪の鏡 (創元推理文庫)

  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2015/06/12
  • メディア: Kindle版



nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 7

コメント 3

コースケ

31さま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2015-08-13 23:10) 

コースケ

ゆきママ様、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2015-08-13 23:10) 

コースケ

Ujiki.oOさま、nice!ありがとうございます!

by コースケ (2015-08-16 11:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0