So-net無料ブログ作成

菩提樹荘の殺人 [有栖川有栖]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

アポロンのように美しい少年、と噂される連続通り魔事件の容疑者。
お笑い芸人志望の若者達の悲劇。大学生時代の火村英生の秀逸な推理、
そしてアンチエイジングのカリスマ殺人事件。「若さ」を持て余す者、
「若さ」を羨望する者達の恩讐に振り回されつつ
謎に立ち向かう火村とアリスを描く、美しい本格推理四篇!

「アポロンのナイフ」と「雛人形を笑え」の二編は、
事件の謎よりも、アリスと関係者との出会いが印象的です。

特に前者は、通り魔連続殺人犯、通称<アポロン>と
アリスが実は出会ったいたシーン。
実際事件そのものと<アポロン>とは直接関係はなかったものの、
アリスとの亀の話やラストのフラミンゴの所はとても印象に残りました。

全編にわたって記述があったかは忘れましたが、
火村がネクタイをゆるめる描写、
「ふだんルーズに締めているネクタイをさらに緩める」という描写も
同じく好きです。

「探偵、青の時代」はラストの火村の行動を推理するアリスが良い。

「菩提樹荘の殺人」は、最後火村の「詰将棋」的な推理が炸裂。
池からカバンを引き上げる時間だけに注目していただけではなく、
容疑者の容姿にも当然目を向けないといけないのに、まさに盲点ですね。

臨床犯罪心理学者火村英生と作家アリスの活躍はまだまだ続く。
シャングリラ十字団との戦いも、いつか描かれると良いですねえ。


菩提樹荘の殺人 (文春文庫)

菩提樹荘の殺人 (文春文庫)

  • 作者: 有栖川 有栖
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/01/04
  • メディア: 文庫



菩提樹荘の殺人 (文春文庫)

菩提樹荘の殺人 (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/01/10
  • メディア: Kindle版



nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 3

コースケ

31さま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2016-02-23 22:12) 

コースケ

ライト様、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2016-02-25 21:09) 

コースケ

Ujiki.oOさま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2016-02-28 17:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0