So-net無料ブログ作成

幻坂 [有栖川有栖]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

雨の坂道で出会い、恋におちるも、自意識のために、
愛する女を死に追いやってしまった作家の苦悩が哀切な「愛染坂」。
坂に棲みついている猫たちの写真を撮るために訪れた女子高生が、
その夜から金縛りと奇妙な悪夢に悩まされる「口縄坂」。
大坂で頓死した松尾芭蕉の最期を怪談に昇華した「枯野」など9篇を収録。
大阪の町にある「天王寺七坂」を舞台に、その地の歴史とさまざまな人間模様を艶のある筆致で描く。

大阪にある「天王寺七坂」を舞台にした、作品集。
同じ角川では「赤い月、廃駅の上に」が怪奇短編集ですが、
今回はそれに「坂」というテーマを設けています。

怪談としては「口縄坂」がかなり不気味。
火村&作家アリスシリーズで、ネコの登場は多いものの、本編での
ネコは何が目的なのか、全く不明で、ラストも突然訪れます。

心霊探偵濱地健三郎が登場する「源聖寺坂」と「天神坂」。
前者はミステリとホラーの融合。後者は、なんと言えばいいのか、
探偵が犯人に自首を勧めるというか、濱地の「捜査」方法なのでしょうか。
出て来る<割烹 安居>が雰囲気抜群なんですよね。だが実は・・・

この濱地探偵、全く違うのは分かっているのですが、
都筑道夫氏の雪崩連太郎をちょっとイメージしてしまった。

東京にもたくさんの坂がありますけど、
こういうミステリは無いのだろうなあ。
一度、この七坂を訪れてみたくなりました。


幻坂 (角川文庫)

幻坂 (角川文庫)

  • 作者: 有栖川 有栖
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/01/23
  • メディア: 文庫



幻坂 (角川文庫)

幻坂 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2016/01/25
  • メディア: Kindle版



nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 6

コースケ

31さま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2016-03-07 22:02) 

コースケ

makimakiさま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2016-03-07 22:05) 

コースケ

Yuseum様、nice!ありがとうございますm(_ _)m
by コースケ (2016-03-09 22:07) 

コースケ

いっぷく様、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2016-03-11 23:46) 

コースケ

ライト様、nice!ありがとうございますm(_ _)m
by コースケ (2016-03-11 23:47) 

コースケ

とも~る様、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2016-03-11 23:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0