So-net無料ブログ作成

哀しい殺し屋の歌 [赤川次郎]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

毎夜酒場で泥酔する「元・殺し屋」が目を覚ましたのは、捨てたはずの実の娘の屋敷だった。
戸惑いつつも再会を喜ぶ男だが、別れた妻は既に病で亡くなり、
娘はなんと夫を殺されて若き未亡人になっていた。
さらに、男の元へ謎の少年から殺人の依頼が舞い込んでくる。
一連の事件の裏にはかつての仲間の影が――!?

表題作ほか「パパは放火魔」を収録。
国民的大作家がおくる、ユーモア×ハードボイルド×ミステリー!

今年ももう終わりですが、駆け込みアップ。
実業之日本社から刊行され、角川文庫で発売された本書が
装いも新たに実業之日本社文庫から復刊です。

殺し屋というのが普通に出てくる所が実に赤川先生らしい作品。
かつて凄腕の殺し屋だった、という現在進行形で無いところも良いですね。

本編ではお手伝いのハナ子が個人的にMVP。
杉山が襲撃されても「まるで『ゴッドファーザー』だわ!」と驚くだけ(笑
肝が据わってるお手伝いです。

もう一編の「パパは放火魔」は女子中学生の冒険物語。
解説にもありますが、『家族カタログ』を思い出します。

来年も先生のご活躍を祈念します。


哀しい殺し屋の歌 (実業之日本社文庫)

哀しい殺し屋の歌 (実業之日本社文庫)

  • 作者: 赤川 次郎
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2017/12/05
  • メディア: 文庫



哀しい殺し屋の歌 (角川文庫)

哀しい殺し屋の歌 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2001/07/13
  • メディア: Kindle版



nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 3

コースケ

31様、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2018-01-01 12:17) 

コースケ

@ミックさま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2018-01-01 12:17) 

コースケ

サイトー様、nice!ありがとうございますm(_ _)m
by コースケ (2018-01-01 12:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。