So-net無料ブログ作成

妖盗S79号 [泡坂妻夫]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

神出鬼没の怪盗S79号!指輪に名画、名刀に化石まで、古今東西のお宝を、
奇想天外な手口で次々と盗み出す。そんな中、世間では、連続猟奇殺人事件も発生中で、大混乱!
果たして、警視庁のS79号専従捜査班は怪盗の正体とその真の目的を暴くことができるのか?
ユーモラスで見事なトリックが光る傑作、待望の復刊!

河出文庫泡坂妻夫復刊第2弾。
正体不明・神出鬼没、そして大胆不敵、警視庁のファイル名から名付けられたその名前。
かつての怪人二十面相やルパンを彷彿とさせます。

しかし本書の主人公は専従捜査班の東郷警部、その部下・二宮刑事。
特に東郷警部はS79号逮捕の執念から、突飛な行動や奇想天外な妄想?を
抱くなど、なんとなくダメな刑事の雰囲気を漂わせます。
一方でその部下の二宮刑事はそんな東郷を刺激することなく、過ごす毎日。
しかし、プライベートでは身内の不幸が続き、税金に追われる日々・・・
なんだかマヌケな刑事たちが、怪盗を追う、12編の物語、のようにみえますが・・・

すでに第1話「ルビーは火」で犯人らしき人物が名前を名乗って登場しているのですが、
一方でその後の話を読んでいくと、S79号=??と、まあここは伏せますが、
ある一つの推測は皆さん浮かぶのではないでしょうか。

オススメは「庚申丸異聞」と「檜毛寺の観音像」

先ほどマヌケな刑事と書きましたが、実のところ東郷警部は優れた名刑事であると
前言撤回します。
これまでどちらかというと、S79号がどうやって盗んだのか?が謎の中心でしたが、
本作はそれと全く異なるところが実に面白い。そして東郷警部はよくここまで
真相に辿り着いたという、ある種の感動さえ覚えました(笑
まあ、詰めが甘かったのは事実なのですけど(苦笑

後者は芸術家の田甲里黒墨が素晴らしく良い味を出しています。
というよりも、本作はお手伝いのつるも相当に図々しく、というか神経が図太く、
さすがの東郷&二宮もあきれかえる始末です。

最終話「東郷警視の花道」では、本書全編にわたって登場してきたある壮大な事件を
東郷と二宮の手により解決し、最後はS79号含め大団円というフィナーレ。
御大らしいまとめ方。

それにしても二宮刑事は気の毒を通り越して、哀れです。
突然豹変したのにも納得ですが、最終話で2階級昇進を果たし、本当によかった。

最後は「迷蝶の島」。現在読書中です。




妖盗S79号 (河出文庫)

妖盗S79号 (河出文庫)

  • 作者: 泡坂 妻夫
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/05
  • メディア: 文庫



妖盗S79号 (河出文庫)

妖盗S79号 (河出文庫)

  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/10
  • メディア: Kindle版



nice!(7)  コメント(7) 
共通テーマ:

nice! 7

コメント 7

コースケ

鉄腕原子さま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2018-05-01 00:32) 

コースケ

@ミックさま、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2018-05-01 00:34) 

コースケ

yamさま、nice!ありがとうございますm(_ _)m
by コースケ (2018-05-01 00:38) 

コースケ

サイトーさま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2018-05-01 00:39) 

コースケ

とも~る様、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2018-05-01 00:40) 

コースケ

31さま、nice!ありがとうございますm(_ _)m
by コースケ (2018-05-02 23:21) 

コースケ

ネオ・アッキー様、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2018-05-21 20:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。