So-net無料ブログ作成

シャーロック・ホームズの蒐集 [シャーロック・ホームズ]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

1927年、アーサー・コナン・ドイルによる最後のシャーロック・ホームズ活躍譚「ショスコム・オールド・プレース」が《ストランド・マガジン》に掲載されて以降も、この不滅の人気を誇る名探偵の贋作は、数多くの作家によって描かれてきた。本書はそれらに連なる最新の傑作である。大英帝国を縦横無尽に駆け巡るホームズと相棒ワトスン博士の〈語られざる事件〉を、世界有数のホームズ・ファンが愛と敬意を込めて作品化した、最高水準のパスティーシュ。六編を収める。

日本屈指のシャーロキアンである北原さん執筆によるホームズパスティーシュがついに登場!
各編の最後に、どの「語られざる事件」なのか記述してあるのが、かっこいい。

オススメは「結ばれた黄色いスカーフの事件」と「ノーフォークの人狼卿の事件」
前者は依頼人には辛い思いをさせましたが、ホームズの解決が実に鮮やか。
そして「オレンジの種五つ」を彷彿とさせる謎めいた犯人からの脅迫も不気味です。
ホラーテイストの強さでは後者。
「バスカヴィル家の犬」や「這う男」を彷彿とさせる不気味さと奇妙な謎から、
ホームズがいかに合理的に謎を解いていくのかが楽しめる一編。

ある種の「らしさ」を感じるのは「詮索好きな老婦人の事件」
ホームズ&ワトソンではなく、老婦人ことホスキンズ夫人の活躍が一番の見せ場。

それにしても、聖典にほんの少ししか出てこない記述から、
いかに物語を膨らませるか、作り込んでいくかを考えると、
北原さん始め、多くのホームズパスティーシュを書かれた作家さんの苦労は
並大抵ではないでしょう。ホームズらしさを失わず、それでいてオリジナリティを
求められるのは、相当の技量が無いとまず書けません。

語られざる事件はまだまだたくさんあります。
北原さんにはぜひそれらの事件も書いてほしいですね。


シャーロック・ホームズの蒐集 (創元推理文庫)

シャーロック・ホームズの蒐集 (創元推理文庫)

  • 作者: 北原 尚彦
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2018/03/22
  • メディア: 文庫



シャーロック・ホームズの蒐集 (創元推理文庫)

シャーロック・ホームズの蒐集 (創元推理文庫)

  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2018/03/23
  • メディア: Kindle版



nice!(9)  コメント(10) 
共通テーマ:

nice! 9

コメント 10

コースケ

はじドラ様、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2018-06-04 21:36) 

コースケ

middrinnさま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2018-06-04 21:37) 

コースケ

31様、nice!ありがとうございますm(_ _)m
by コースケ (2018-06-04 21:38) 

コースケ

@ミックさま、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2018-06-04 21:38) 

コースケ

鉄腕原子さま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2018-06-04 21:39) 

コースケ

ありさ様、nice!ありがとうございますm(_ _)m
by コースケ (2018-06-06 20:51) 

コースケ

ネオ・アッキー様、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2018-06-09 02:31) 

コースケ

yamさま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2018-06-13 00:37) 

ゆーじあむ

コースケさん、こちらでもこんばんは(*・ω・)ノ
「語られざる事件」のホームズ・パスティーシュが大好きな私は、文庫化されてからこれを読みました。
これを日本人だけで楽しむのは、なんだかもったいないですね。(誰か英国に逆輸入…)
by ゆーじあむ (2018-08-28 23:40) 

コースケ

ゆーじあむ様、nice!&コメントありがとうございます。

日本屈指のシャーロキアンの北原作品ならば、
逆輸入しても、充分にあちらでも楽しんでもらえると
確信してます。
しかし、海外作家さんが多く書かれるパスティーシュは、
日本では単行本として出れば御の字で、中々文庫化まで
見込めないのが残念です。
by コースケ (2018-08-29 23:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。