So-net無料ブログ作成

夜の終る時/熱い死角 警察小説傑作選 [結城昌治]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

実直な刑事の徳持が捜査に出たきり行方不明になった。捜査係は総力をあげて事件の解決に乗りだすが、彼とやくざについての噂が同僚のあいだに疑念を呼び起こす。そんな中、徳持はホテルで扼殺死体となって見つかる(『夜の終る時』)。二部構成の鮮やかさと乾いた筆致で描かれる警察組織の歪みのリアルさは今なお色あせない。日本推理作家協会賞を受賞した警察小説の金字塔に4作の傑作短篇を増補。

ミステリ短編傑作選に続く第2弾。
解説の日下三蔵さんによると、第1弾の売上が良く、今回刊行に至ったとのこと。
やっぱ本は買わないといけませんね。
今は読むことが中々難しい作品などを、こうした形で再刊してくれるのは有り難い。

警察小説傑作選とありますが、郷原部長刑事三部作はやはり同じ刑事を主人公としていても
別扱い。あれはやはりユーモアミステリ的区分になるのでしょう。

日本推理作家協会賞受賞の「夜の終る時」は、一人の刑事が本書に戻らない所から
始まります。
第一部と第二部は連続しているようで、第一部が事件を追う刑事たちと各刑事たちの物語。
第二部は犯人の語る事件の真相。そして結末。
シャーロック・ホームズのの「恐怖の谷」を思い出しました。

最後の解説で選評が掲載されているのですが、平野謙氏の選評が印象的。
「文学的に人間が書き込んである」という、推理小説、本格ミステリと呼ばれる
分野に対して言われがちな言葉。時代を感じさせますね。
一方で松本清張氏の選評はさすがだなあと思いました。
「氏がいろいろな方法を試みるのは、その方法を証明させる」と
本格からハードボイルド、さらには警察小説と、一つのジャンルに留まらない、
結城昌治氏の持つ魅力を見事に言い得ています。

「殺意の背景」はその動機と終わり方が見事。
「熱い死角」は刑事の妻と警察のブラックリストに載るいわくある男との関係を探る
刑事の物語。疑心暗鬼が続く中、最後の結末には驚かされます。

第3弾、ぜひお願いします。



夜の終る時/熱い死角 (ちくま文庫)

夜の終る時/熱い死角 (ちくま文庫)

  • 作者: 結城 昌治
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2018/04/10
  • メディア: 文庫



nice!(4)  コメント(4) 

nice! 4

コメント 4

コースケ

はじドラ様、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2018-06-13 00:42) 

コースケ

31さま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2018-06-13 00:43) 

コースケ

@ミックさま、nice!ありがとうございますm(_ _)m
by コースケ (2018-06-13 00:43) 

コースケ

鉄腕原子さま、nice!ありがとうございます~
by コースケ (2018-06-13 00:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。